尾鱗色 THE・まとめて!ねったいぎょ
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.31 (Wed)

えぐい白濁り

いきなりですが、ずっと使ってるメイン水槽が白濁りしました!

20160906032337705.jpeg

ナンテコッタイ。

一応アクアリウム歴8年くらいにはなるんですけれどね。
かれこれ5、6年ぶり以上は久しく見てなかった現象です。
懐かしさとともにやっぱり厄介だなと思うわけで。
とりあえず長年の経験上、「何かあればとりあえず換水」というポリシーに従って、水換えしました。

が!
ここで余計な欲を出したのが悪かったのでしょう。
水換えがてら1、2年以上いじってなかった床も掃除したのですよ。

水換えする前よりも酷くなったでござる( ^ω^ )

おーまいごっと。
厚い床材の中にはさぞかし大量の嫌気性バクテリアがいて、水換えついでにエアーも強くすれば何とかなるだろうと言う適当さ極まる過剰なエアーにさらされた嫌気性バクテリアが一気に死滅。
水中浮遊・・・という感じでしょうか。

いっそのこと全部抜く勢いで水換えしようかとも思いましたが、これ以上水槽内のバクテリアバランスを崩すのもマズイと判断し、放置するしかない私でした。

ちなみに左側に掛かってる邪魔くさい外掛け水槽もといサテライトLには久しぶりにメダカを飼育したくて買った白メダカと楊貴妃メダカが入っていて、水槽内の隔離ボックスには南米淡水フグ、水槽自体には卵から、正確には産まれてからずっと飼育している愛着あるマルタニシが一匹と、これまた長いこと生きてるタイヤトラックスネール、バンカスネークヘッドがいます。

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

15:22  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.21 (Sat)

出てきたメス

お久しぶりですね。
お久しぶりがてらのレッドテールアカメフグでも!
20140621080041c45.jpg

かわいいです。
個人的にオスよりもメスの方が良い柄してます。
約一月近く居ますが、餌どきにしか姿を見せてくれず、また、食べる際も心なしか物陰に隠れつつという感じであまり写真が撮れませんね。
今回の写真は『俺も撮れよ!』とばかりに手前に出てきたオスもまた見所です。
中央のメスに気を取られて手前のオスに気づかなかった方は居ます?

ちなみに餌はアカムシメインで、水槽前面に姿を見せた時にピンセットごしで与える小さいラムズホーンを潰したものです。
食いしん坊さんなためか、餌どきだけ警戒心が緩いですねw

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

08:01  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.05 (Thu)

流動式フィルターをとっても簡単に作ってみた!

さて、今回の記事をご覧の皆様。
ないしはいるかわからない幻の存在たりえる、私のブログを毎回読んでいるという方。

流動式フィルターをご存知ですか?


観賞魚を飼育するに当たり、欠かせない存在。
フィルター。

その商品、数あれども大まかに分別すると幾つかに分かれます。

投げ込み式フィルター。
外部式フィルター。
外掛け式フィルター。
上部式フィルターの四つです。
それぞれメリットデメリットはあれども、とりあえずはどれを選んでもあまり大きな問題はありません。

ここに最近増えたのが流動式フィルターというもので、その名のとおりろ材自体を固定せずに、流動させてろ材表面を正しく、効率的に使おうという趣旨の元、考案開発されたもの。
このフィルターの一番のメリットは『非常に強力な濾過能力』で、小さくとも、ありえないほどのパフォーマンスを発揮するのが特徴なのです。
さらにはろ材が常に動いているのでほぼメンテナンスが必要無しという便利さ。
これを聞いたら誰もが流動式に乗り換えたくなりますよね?
だがしかし!

正規品の値段がべらぼうに高価というのもまた特徴であり、最大のデメリットです。
一番安いので一万円ほど。
たかっ!
なにやら一つ一つがハンドメイドらしく、高価にならざるを得ないとか。

流石に一万以上は敷居が高い。
水槽を複数持っているなら尚更のこと。

ならば手作りしようと考えた結果。
というか、すでに考えた人が多々おり、それを参考に私も作ってみたのです。

20140605233359611.jpg

うまく行きました。
必要なのはペットボトル。
次にペットボトルに穴を開けるためのキリや小学校や中学以来使わなくなったコンパス、電動ドリルなど。
そして、エアーストーン。エアーストーンはもちろんペットボトルの口より小さな物を選んでください。
(キリやコンパスの場合、穴が小さくてエアーストーンが入らないかもしれません。その場合はハサミをなんとか入れて捻じり入れて行くと穴を広げることが出来ます。)
あとはエアポンプとチューブ。
出来ればL字プラグを用意した方がいいかもしれません。
ペットボトルを固定するためのキスゴム。
最後に流動式フィルター用のろ材です。

これで総額、約二千円にならないくらい。
非常に簡単ですね。

必要な器具や図解が詳しく知りたいという方は下のチャームさんのりんくへ飛ぶとイイです。
ページの下半分に紹介されており、エアストーンやキスゴムへのりんくも張られています。

チャームさんへのりんく

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:05  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.02 (Mon)

レッドテールアカメフグをお迎え!

最近、めっきり暑くなり…ますます食虫植物たちの成長が著しくなる中、我が家に新たな魚をお迎えしました。
と言うのもメイン水槽が底物ばかりで中層ないしは上層を泳ぐ魚がいないのが気になっていたためです。
ならばフグだと言うことで、昔から気になっていたレッドテールアカメフグのペアをお迎え。
あわよくば繁殖させたいなと思いつつ、餌をやってみればピンセットから乾燥エビを食べるわ、物怖じしないわ、餌ぐいイイわ、メスとオスで争わないわで良いことばっかり。
…うん。

ばっかりだったのにね。

20140602234612bd7.jpg

あれぇ?
底にいるぞ?

201406022346101e5.jpg
壁面についた苔にピントが合ってしまって見づらさもあるとは思いますが、隠れてる様子。

この子らより大きな魚はいないはずなんですが…メスは一切見当たらないしで、なんかアレェ?な気がする今日この頃でした。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:52  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.20 (Sun)

ラムズ団子

ラムズホーンて綺麗ですよね。

と、私は最近思います。
おそらくはだいたいのアクアリウム経験者が知っている貝類、レッドラムズホーン。

確か和名はインドヒラマキガイで見た目は水中のカタツムリのようなこの貝。

簡単に殖えるうえに、残餌処理係としてかなり優秀ということで、大抵の人は飼ったことがあるのではないでしょうか?
我が家ではメメコの餌になるということもあって、専用プラケで育成していたり。

2014042016475224f.jpg

フタは百円ショップで購入したプラバンをカットして使っています。

20140420164754eff.jpg

餌をやるとこんな感じ。
ラムズ団子になります。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

16:56  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.11 (Fri)

暖かくなってきたので

エアレーションを軽く考えていた時期が私にはありました。
もとい、溶存酸素量なんて濾過器が動く際に取り込まれる分だけで十分だと思っていたんですが、エアレーションをすることによってバクテリアが活発化して濾過されやすくなったり、生体の抵抗力が上がったり、高温に弱い生物がなんとか生き残れたりすると言うことで、重要視した結果。

201404111617244c6.jpg

ナノバブラーと言う、小さな水泡を出すアイテムを設置して見ました。
普通のエアストーンよりも遥かに細かい泡の粒子は生体に対するストレス緩和や効率のいい酸素補給になるとか。

エビや吸い付き系ドジョウなどは高温に弱いとされますが、しっかりしたエアレーションで水温が30度を超えても耐えると言う話がまちまち見られます。
それ用に購入したもの。

ちなみにエアポンプはワンランク上の物が推奨されていたので静音で評判の「水心」を購入!

201404111617589f9.jpg

大きい方と接続しています。

ちなみに評価は素晴らしいの一言。
流石に音がゼロと言うわけでは無いのですが、私の感覚では流量最大でも寝室にありながら無視できるノイズ音です。
小さい方は60センチ以下用の水心。
こっちは一切の音を感じないレベル。
徐々にエアポンプを水心に変えて行きたいですね。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

16:33  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。