尾鱗色 しょくちゅーしょくぶつ
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.09 (Sun)

アザミウマ

秋になって気温や日光が弱まり、食虫植物の成長も若干落ち始めた今日この頃。
冬に向けて下手に休眠させると来年の立ち上がりが上手くいくか分からなかったので、とりあえずは室内に取り込み、気づいたのです。

虫に食べられてる!と。

植物は虫に食べられる定め。
その定めからは例え虫を食べるように進化した植物であっても逃れられないということになっているわけですね。

201610091647371fb.jpg

アイフォンのカメラでピントを上手く合わせられずにブレてますけど、黒い点々が付いて掠れたように枯れ始めてるのが分かるかと思います。
始めはたまたまそういう枯れ方をしたのかと思っていましたが、良く見ると小さな黒い虫が張り付いている。

アザミウマです。園芸界ではスリップスと呼ぶらしい嫌われ者。
4、5個の葉に寄生しているようで、葉先が枯れ込んでいました。
幸い被害の目立つ場所を中心に張り付いているようで、そのあたりをハサミで切り取って対応するだけで大丈夫そうです。


スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

16:54  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.20 (Wed)

キノコバエにこうかばつぐん!

今日は初出しの食虫植物、ムシトリスミレを書こうかなと思います。

201607202127591f4.jpeg

私は存在を知った時から食虫植物が大好きで、始めて購入した食虫植物はホームセンターの園芸コーナーにあったハエトリ草でした。
それから1年後くらいに始めてのウツボカズラであるネペンテスジェントルを購入。
その後も色々と購入してはたまに枯らし、今に至るわけですが・・・
まあ、一般の園芸趣味の方からすれば食虫植物は邪道ないしは、少しばかり気持ち悪く感じるかもしれません。
しかし、そんな方達におすすめなのが今回、紹介するムシトリスミレです。
葉の可愛さ、水切れに弱いということを除けば頑健で、根腐れの心配がほぼ無く、また良く増える上に咲かせる花もまた美しも可愛らしいという個人的には園芸初心者にも自信を持っておすすめできる草なのです。
がっ!
一番の素晴らしさはそこではありません。

キノコバエに対する圧倒的捕虫力が最大の魅力なんではないかと私は思います。
ムシトリスミレは葉の表面に粘液を出して、それで葉に止まった小昆虫を捉えて消化するわけです。
かくいう私も第一目的はそれだったりして。

室内園芸にて一度発生すると駆除が面倒なキノコバエ。
幼虫は鉢の中の有機質や、時には根を食べるとか。
そんな忌々しいハエなのですが、私はムシトリスミレで常に数十匹は飛んでいたキノコバエが死滅しました。
他の薬品やらハエ取りグッズに比べ時間はかかりましたけど、試す価値はあるかもなのですよ?

皆さんもお一ついかがですか?
あ、注意事項としてノミバエには通用せず、ノミバエに対してはサラセニアという食虫植物が効果抜群です。
ムシトリスミレの粘着力だと一回り、ふた周りは大きいノミバエは捉えきれないみたいなのです。
じわじわと葉の外に這いずり出ちゃうので、食虫効果に期待する方はハエの種類を間違えないようにしてくださいね?

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

21:50  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.27 (Fri)

だいぶ増えたしょくちゅー

久しぶりの更新なので色々ネタが溜まりつつ、今日は食虫植物の栽培状況でも書いていこうかなと。
20160527222323a55.jpeg

この写真は窓際の食虫植物たち。
葉挿しで増やしたセファロタスを始め、初めて購入したネペンテスであるネペンテス・ジェントル(吊り鉢)やムシトリスミレ(吊り鉢の根本に植え込んであるのです)やら、サラセニアスカーレットベルやらと沢山の食虫植物を置いてます。
まあ、詳しくは追々やっていくつもりなのですね。



テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

22:31  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.30 (Thu)

あれからのアラタ

前回の袋が若干仕上がりました。
↓こんな感じです。
20150730101305998.jpg

口周りのエリが外側に巻き込まれているのが分かるかと。
口が開いてからもツボは膨らみ続けるので、さらに少し膨らむのではないかな。

201507281019194ce.jpg
↑上の写真が最初の写真から三日後くらいのもの。

ちなみに開いてすぐに養分、もとい熱帯魚の餌なんかを投入するとこれ以降のツボの成長が促進されて、より大きくなる気がしたりなんかして。
比較実験をしたことは無いのだけど。


テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:18  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.29 (Wed)

コアフリカモウセンゴケに埋もれそう

今日も食虫植物について書きたいと思います。
もとい
20150729103344373.jpg

セファロタスである。
別名フクロユキノシタとも呼び、通年通してこの場所に置きっぱです。
ごく稀にハイポネックスハイグレードを2,000倍くらいに薄めた肥料をやったり先の細いシリンジで800倍くらいのハイポネックスを、袋の中に入れたりしてます。
成長は良好です。
うちに来た当初はかなり貧弱な株で、全ての葉が真っ黄色で元気がなかったのですけど今じゃその影もありませんね。

…なに?それより周りに所狭しと敷き詰められてる植物が気になると?

これはコアフリカモウセンゴケという名前のモウセンゴケの一種で、Amazonで小難しい名前で売られていた可愛らしい形状のモウセンゴケです。ネットで調べて覚えやすい和名で私は呼んでいます。

…え?そうじゃない?なんでこんなにアホみたいな植え方してるのかって?

まあ、それは深くもなく浅くもない理由がありまして…コアフリカモウセンゴケは花を良く出し、良く種を作るみたいでちょうどセファロタスの隣に置いてあったわけですよ。
そして私は他の食虫植物の鉢にその種をこれまた適当に蒔いたんです。勿論少量。
しかし、二週間近くかな?
種が発芽しなかったので、発芽率が低いのかもと考え数打ちゃ当たるとばかりに次はセファロタスの鉢に蒔いてみたんです。
これまた少量。
しかし、誤算がありましてね。
種がね。ゴマの二分の一くらいしかなくてですね。
コアフリカモウセンゴケの枯れた花芽から隣にあったセファロタスの鉢に種がボロボロ落ちていることに気づかず。
気づいたら一面緑で今に至りはわけですね。てへぺろ。

2015072910334545b.jpg



テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:48  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.28 (Tue)

久々の記事は食虫植物

20150728101921bb9.jpg
久々の記事を書きたいと思う。
まあ、なんだ。
食虫植物を見せたかったんです。

手前がラフレシアナ×アンプラリア。
奥がおなじみジェントルです。
奥のジェントルはまあ、ブログ更新して無い間に色々ありまして、結構長い間成長が悪いままでしたがようやく持ち直した感じです。

それに対してこちらはアラタ。
2015072810191824b.jpg
でかい!
成長が良すぎてヤバいです。
大きい分吸い上げる水の量も尋常じゃなく、わりと直ぐに鉢が乾きます。
ちなみに吊り鉢なのはツボが大きくて床置きだと中身が溢れてしまうんですよね。

さすが初心者オススメネペンテス。
直射日光にも負けずにガンガン育ちます。

201507281019211a6.jpg一番大きなツボが中央。赤らんでいて綺麗です。


201507281019194ce.jpgこちらは一番新しく開いたツボ。私は開いたら直ぐに中に規定量より少し濃い目の液肥を小さなスポイトで一回分と、適当な熱帯魚の餌を投入します。やり過ぎるとせっかくのツボが痛むので、中に入っている溶液の3分の一くらいを目安に適当に入れてます。ちなみに画像のツボには乾燥エビ一つと、ネオプロスをピンセットでひとつまみ分が入っています。知らない方のために解説するとネオプロスはタンパク質を分解する生菌と、魚が出した糞を分解する生菌が配合された熱帯魚の餌で、消化酵素が分泌されない古いネペンテスのツボや、消化酵素が無いとされているヘリアンフォラにオススメなんじゃないかなと勝手に思っていたり。


テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:39  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。