尾鱗色 たらんちゅら
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.21 (Fri)

モリモリ食べる

タランチュラの脱皮から3日め。
動き回り始めたのでピンセットでフタホシコオロギをやってみたら

20150821204059d3f.jpg

ささっ!
ばきばきっ!

と捕食してくれました。
今では1日、2日に一回くらいのペースでフタホシコオロギを与えています。

ん?
ばきばきっ!って効果音は違うって?
これが違わないんですよね。
フタホシコオロギはまあ、柔らかめの昆虫とはいえ外骨格を持つ生物なわけですから、ばきばきっ!っと実際に鳴るんです。
そしてすぐさま大きくて硬くてフトましいソレを挿入するわけですね。
いやん、えっち。

…こほん。
始めてのタランチュラだったので餌に対する反応はどんなもんかと少し不安でしたが、下手すればカマキリよりも飼いやすいかもしれませんね。

スポンサーサイト
20:47  |  たらんちゅら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.05 (Wed)

案の定だよ!

さて、購入してから3日目。
タランチュラであるブラジリアンブラックのご様子はというと

20150805145216003.jpg

裏返って死んでるぅっ!?

あわわわ、あわわ、あわわわわっ!
と、焦らなくても大丈夫。
購入前に色々調べたので!そのうちに脱皮は糸でベットを作り、その上で仰向けになって行なうらしいので。

201508051452187d0.jpg
20150805145219d1b.jpg
20150805145220a31.jpg
20150805145231664.jpg

家に来てはや、脱皮か。
いきなり観察できて嬉しいような。
仰向けになって2、3時間で脱皮を開始したようです。

20150805145833a2b.jpg
20150805145834865.jpg
20150805145835298.jpg


脱皮が終わるまで20分くらいってところですね。
殻を脱ぎ終えるとそのままの体勢で足を伸ばしたり折ったりで体の具合を確かめるご様子。


15:01  |  たらんちゅら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.04 (Tue)

たらんちゅらのその後

20150804164615f31.jpg

餌、食べません。

うん、まるで餌食べないうちの子。
記事にしてないだけで、じつはダイオウサソリなんかもいるんですが、タランチュラまで食わんとはおもいもよらなかっでーす。
ダイオウサソリの方は脱皮間近。
この子はお腹いっぱいのご様子で。
小さなクモとか、アシダカグモあたりであればこれだけパンパンなお腹になると脱皮に入ることがままありますが…タランチュラの場合はどうなるんでしょうね。
小さな頃は早い成長で、ある程度大きくなると成長がだいぶ遅くなるらしいですけれど。

いきなり脱皮に入られるとつまらないのです。
現在はどうやら地盤固め?に勤しんでいるみたいで地面にはうっすら糸が敷かれ始めてます。
これは普通なのか、脱皮準備のベットを作ってるのか…こういう始めての手探り感って嫌いじゃないですよ!

アップ写真
201508041646105f9.jpg


16:54  |  たらんちゅら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.03 (Mon)

初めてのタランチュラ

私は前々から思っていたことがあった。

タランチュラ、まじかっけーと。

元々私は小さな頃から動物が好きで、特に昆虫が大好きであった。
そんな私がガッツリと本腰入れて生き物を飼い始めるキッカケもまた、昆虫であり、発端はミズカマキリをある日手に入れたことだ。
その餌にとメダカを飼い始め、魚屋には熱帯魚なる物が存在し、それらに惹かれ飼うのは必然であると今思う。
なんてことはどうでもよくて。

何が言いたいかと言えば私の根っこは昆虫好きであるということだ。
つまり昆虫では無いけど、まあ昆虫っぽいクモ、タランチュラに魅入られるのもまた運命であったのだろう。

20150803124925547.jpg

ブラジリアンブラックと呼ばれる品種を飼ったのですよ!
偉そうなことを言いつつもタランチュラに未だに手を出して無かったのは毒毛を、飛ばすという情報を見てビビってとだけなんですよね。
あとは安価な種類に欲しいと思えるものがいなかったことも条件の一つだったり。
メスは10年近く生きることもあるということで、変に妥協したくなかったし、単純に売ってるところが見つからなかったのもまた理由だ。

今だからぶっちゃけると、タランチュラを飼いたい欲求を紛らわすためにアシダカグモを飼っていたのさ!
な、なんだってーっ!?
…いや、まあ、アシダカはアシダカで良い部分もあったし、未だに飼ってたんだけどタランチュラがいたらもう用済み!
外にぽーいさっ!

メスであればなあと祈りつつ。

12:59  |  たらんちゅら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。