尾鱗色 2008年06月
2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.10 (Tue)

変わったナマズ

この写真はハラ・ジャーデニー。
なかなか好きな魚。
ハラハラキャットの仲間で、2~3センチ。
三匹いるため、名前は付けておらず・・・・
アカムシをあげるとクルクルと回りながらパクつくのですよ。
これが可笑しくて可笑しくて、可愛らしいのです。
使用済み

GRP_0030.jpg
GRP_0031.jpg


スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

17:21  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.11 (Wed)

カラシン類

まずはこれ↓
GRL_0004.jpg

一番代表的な熱帯魚もといカラシン。
ネオンテトラです。
もともとメイン水槽にいたのですが、予想以上の食欲のためエビの繁殖に影響が出てしまうのを懸念し、サブ水槽に移転しました。
やっぱり、この辺はいないとだめですね。
次はこれ↓
GRL_0003.jpg

レッドファントムです。
これはドジョウの次あたりにいれた、初めての熱帯魚であり熱帯魚の中では一番のお古の子達で、悲しいことに少し前に1匹死去してしまいました。
寿命かと思われます。
んでもって、↓はアルビノグローライト
GRL_0002.jpg

名前のとおり、グローライトテトラと呼ばれるカラシンのアルビノタイプなのですよ。
なかなかのお気に入りで、3匹いたはずなのに・・・・・
なぜか二匹しかいないです。
ほかはマーブルハチェットなどいるのですが、それは追々ということで。

22:59  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.12 (Thu)

アベニーパファー

アベニーパファー・・・
最近の家のアベニーはどうも拒食症になってしまったご様子なのです。
なったといっても、まだら模様がいかしてるまだらなのですが・・・・
なかなかに食べてくれません。
どうしたものか・・・
と日々悩み始めた今日このごろ。
アカムシやれども、スネールやれどもたべないのです・・・・
ほかの子は食べてくれるのですけど・・・・
ちなみに、スネールとは熱帯魚飼育中にたびたび入ってくる巻貝のこと。
何種類かいて、それらの総称をスネールと呼ぶのです。
んでもって、これはアベニーによるスネール残骸。
CA340035.jpg

まさに死屍累々!!
CA340036.jpg

なぜか一箇所に集まっていることが多いです。
CA340037.jpg

拒食症が明日には直っていますように・・・・

22:47  |  あべにーぱふぁー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.14 (Sat)

拒食症

はぅあっ!!
との間抜けな始まりから始まりました今日の記事。
アベニーパファーが拒食症になってしまったのですよう!!
まったくもって私としたことが・・・
この辺のことは前回話したとおり。
次の日には治ってくれるようにと祈んだものの・・・・。
記事のタイトルからしてまあお分かりでしょう。
治らなかったのですよ。
どうも、重症っぽい。
このままではし、しし、死んでしまうのも時間の問題なわけで・・・
どうしたものかと、悩んでる今です。
拒食症とはなのとおり、食べることを拒む病気で、なってしまったら最後。
二度と治ることはないとも言われるほどの厄介な精神的(?)病なのです。
原因としては他アベニーによるいじめや環境変化によるストレスだと言われてます・・・。
いじめっ子であるパフィーには悪いですが、別プラケ容器にて隔離中であります。
丸っこくてカワユイ「まだら」が↓

このように↓

隔離やいじめっ子の移転などによるストレスの緩和でゆったりと治ってくことが
あるらしいですが・・・

はふぅ

もはや手遅れっぽく・・・
治って栄養補充が先か、治る前に体力尽きてはてるが先か・・・

ほんとに悩ましいのですよ。

20:23  |  あべにーぱふぁー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.14 (Sat)

グッピー

はい。
タイトルどおりグッピーなのであります。
グッピー。
ああグッピー。
熱帯魚といえばグッピーといわれるほどの有名な魚ですの。

繁殖が簡単に楽しめるグッピー。
簡単すぎて爆殖ですのでグッピー。
爆殖し過ぎの増えすぎで頭を悩ますグッピー。
そんなグッピーを弟は買いやがったあげくに増えすぎに毎日悩む始末。
よしよし。
ならば、稚魚をアベニーの餌にしてやろうと引き取ったのだけれども・・・・
CA340053.jpg

ええ。
見てのとおり。
あっはっはっはっはっは。
思いっきり育っちゃいってます。
3ミリ程度のころから入れておいたのですが・・・
水槽にちまちま出てきたミズミミズを食べて大きくなったようで・・・
ま、メダカに突っ込みはなしで。
ちなみに、弟はもう一つ水槽を増設し、オスメスを分けることによって繁殖地獄を抜けますた。



23:02  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.15 (Sun)

エビの飛び出し事故

やっぱりエビは生が一番(?)!!
あれ?
私は何を言っているのだろうね。
冗談はともかく。
私ほどエビの飛び出し事故が多い飼い主もなかなかいないと思う。
殺した数もね・・・

今まで殺した数は・・・ざっと30?
悪いことをしたと今でも反省猛省中。
なぜか家の渡り廊下で干からびてエビせん化してるエビを見たことがあったし・・
干からびかけて死にかけのエビなんてざらにみてきたのですよ。
一時期、アベニー水槽へと引っ越したロックシュリンプの「ロックマン」(某アニメが思い浮かぶ(笑))
がいなくなってね。
あぁと嘆いたものですよ・・・・
めちゃめちゃお気に入りだったのに・・・
いなくなってから軽く半日以上は経過してますから・・・


ところぅが!?

これが生きてたんですよね!!

まさに奇跡!?
風呂場で発見されたのです。
二階にある私の水槽から一階の風呂場へ。
弟が発見したのですけどね。
「エビが脱走してるぅっ!」

「なんやてっ!!」

思わず関西弁に・・・
言っとくけど、マジです。
素です。

そのときには一日以上経過していたんですけど・・・
さらには、よく踏まれなかったなぁと・・・
驚嘆と感激と尊敬の念が入り混じった悪くない高揚感に当てられましたよ。
いやぁ・・・
今思っても良い経験だったぁ・・・
それからは二度とアベニー水槽にはいれてません。


00:30  |  ざりがに や えび  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.15 (Sun)

☆水槽紹介☆

そういえば、水槽の紹介が中途でおわってたなぁ~と。
つーわけで、水槽の紹介なのですよ。
CA340045.jpg

これがアベニー専用水槽。
二匹のアベニーと(三匹いますがパフィーは隔離中)二匹のヤマトヌマエビ。
数匹のミナミヌマエビ(メインから移転。大き目の固体を選出)とヒメダカが二匹います。
ミナミヌマエビは目が抉り食われてたり、足が無かったりと・・・
結構痛々しいことになってますが・・・・

元気です。(多分)

CA340046.jpg

↑あっぷ

↓これはオトシンネグロ繁殖用
CA340048.jpg

馴染みの店で、中古の水槽を500円で頂いて、最近立ち上げた水槽です。



これはサブ水槽。
CA340049.jpg

エンゼルやネオンテトラ、ドジョウなどがワシャわしゃと。

そんでもって、これが一番力を入れている、いわばメイン水槽です。
CA340047.jpg

結構模様替えされて・・・
今のに落ち着きました。

16:16  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.16 (Mon)

水槽チェンジ

はい。
水槽チェンジです。
なぜなら、まだら(フグの名前)の養生に広いほうがいいと思ったからです。
このまだら君。
拒食になって、痩せこけたとのことですが・・・
CA340060.jpg


あれ?これで痩せてるの?

思うでしょう。
それはさぞかし思うでしょう。
ええ。
この子の拒食症の原因は・・・・




狭さ。
狭さだったのです。


いやはや。
水槽を変えた途端に元気になりやがりまして・・・


今までの心配はどこに!?
ま、治ってよかったですよ。
広くしたのに便乗し、まだらとよく喧嘩をしていたパフィーも投入。
それでも、ちまちま膨らみ合いが始まります。
どうも力は拮抗しているようで、パフィーが仕掛けるときもあるし、まだらから仕掛けることもあります。

一匹のみの女の子フワンテはメスのせいか、縄張り意識が無く、テキトーにふんわり泳いでまう。
でもオスに追っ払われるとこをちらりらと。
ちなみに・・・
CA340057.jpg

これが現在のアベニー水槽。
いや~広い。


22:34  |  あべにーぱふぁー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.16 (Mon)

メダカだよん。

メダカ・・・
たんにメダカと言っても色々な品種がいるのを知ってます?
黒めだか
ヒメダカ
アルビノメダカ
ダルマメダカ
ヒカリメダカ
コハクメダカ
シロメダカなど。
ヒカリだかコハクはクラゲの発光器官の遺伝子を組み込んで人為的に生み出されたメダカらしい。
本来は黒めだかのみで、野生で見られるメダカは全てこれだとか。
放流したヒメダカなどと交雑して自然界のメダカが遺伝子交錯という意味合いで絶滅の危機に瀕しているとのこと。
放流は控えたいね。
私が一番初めに買った魚は和金(一般的な金魚のこと)で、次にメダカ。
和金は川に逃がしてて、現在はいません。
メダカは二世代目までで、原因不明の何かによって死亡。
ぽつぽつ一匹ずつお亡くなりになりました。
一時期は50以上はいたんだけど・・・
稚魚用水槽からメインに移すのが早すぎて喰われたり・・・
で、激減。

原因不明で殺しちゃったから、今まで控えてたんだけど・・・
ヤッパリ買いたくなって衝動買い。

テヘッ。

現在家にいる子はヒメダカですの。
CA340044.jpg

これは少し前に撮った写真。
アベニー水槽にて飼育中。
卵は一度知らず知らず、産んでたんだけどね~
気づいた時にはご丁寧にミズカビに包まれてました(泣)

23:05  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.17 (Tue)

赤いコケ!?

なんてものを見てしまったのだ・・・
私としたことが・・・・
私としたことが・・・・


赤いコケ
を生やしてしまったではないか!!
CA340058_20080617215827.jpg

なぜ赤い!?
なぜに赤い!?
WHY?

これ・・
ただの黒ヒゲと呼ばれる黒いコケだったのだが・・・・
いつの間にか赤くなってるのだよ。
新種!?

ってんなわけあるか~いっ!!
もともとは黒かったんじゃ!!
ありえないよう!!


というわけで・・・
仮説を3つほどたててみたのだよ。


仮説① 置物が関係
置物にこんな色に近いものがものがあるのですが・・・
色が抜けて写った?
ちっと考えづらいものであります。

な・ぜ・な・ら。
聞いたことがないし、見たことがない。
なにより、その置物を入れてて何もなかったから。
最近になって赤く染まったのですよ。

仮説② 外気による影響
水槽交換の間に水が垂れるため、ベランダ(水槽の隣にある)に出して
たのですが・・・
お日様のサンライトパゥワ~(紫外線)のせい?
外気に触れさせてたから、コケが死んで赤くなったもの?
簡単に死ぬかな~とか紫外線で赤くなるなら、自然界でも赤いコケ?
とか・・・若干リアリティがなく・・・

仮説③ アカムシ
これが有力かなと思ってます。
この赤いコケがついてるのは我が家のラブり~なアベニー君達のためのアカムシの
赤い色素を吸ったんじゃないかな?か・・な?
と思ってます。
↓アカムシのイラストですの

アカムシってほっておくと徐々に透明になるわけで、このときの抜けた色素が
吸収されたのでは?
との仮説です。
コケは濾過機まわりですし・・・・
出た色素は水流に沿って濾過機付近に集まり吸い込まれるためもあるかと・・


まっ。ぶっちゃけどうでもいいのですけどね!!

22:47  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。