尾鱗色 2008年10月
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.01 (Wed)

稚魚 10日目

このころになると、しばしば水面にいることも頻繁になってきました。
どうやら光に集まる習性をもつブラインを追っていってるようです。
それとも習性を理解して待ち伏せでもしてるのでしょうか?

だとしたら賢いですね~。

体長にはあまり変わりのないものの、ブラインに対する食欲は旺盛。
最初のころこそ、あまり食べにいかないな~と思ったものの。
完全に餌として認識した今となっては入れた瞬間に食いつきます。
それでも・・・
アベニー稚魚の必殺技吸い込み捕食ッキング(?)を三回のうち、二回は失敗してます。
ブラインの機動性・・・あいも変わらず厄介なものです。

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

16:21  |  アベニー育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.02 (Thu)

スカーレット・ジェムってのは可憐だ。

最近入ってきた新入り。
というか、家ほど魚の入りの多いお宅はあるだろうか?
「出」はないのに・・・つまり死ぬ子はあまりいない・・・ということは。
増えるばかりっ!!と一応あせってみた私ですが・・・(自分のことを「ちゃん」付けとは・・・我ながらオゾマシイ(笑)。)
意外と「出」も激しかったりします。
いつの間にか死んでるこがいるんですよね・・・・
しかも、原因不明。
水質でもないし、もちろん餌不足でも酸欠でもない・・・
寿命?かな?
とか思ったりしてます。(餌不足に気づかず死なせた固体もいるにはいますが・・・二度とないように細心かつ最新の注意を持たなくてはっ!!と反省しまくった私です。)

とま、前座のお話はここまでとして。
今日入った子。

「スカーレット・ジェム」のお話に入ります。
つまり、ここからがメインですね。
とはいえ、見たことのない人も大勢?かと。
まず写真でもどうぞ↓
スカーレット・ジェム ♀2使用済み
スカーレット・ジェム ♀使用済み
「あれ?地味な魚だな?きなこもちさんの好みってこんなんだっけ?」と思ったかたも少なくはないでしょう!?(実際毎日の閲覧数が一桁なので、全員が全員思ったとしても、少ないことには違いないんですけどね(泣笑)。)

「ばかぁ、いっちゃいけませんっ!!」
これだから、素人さんは困るんでっすよ~。(プロとかあるのかな?)

これですからっ!!
「だったら、♂はかっこいいのかよっ!?」と思う方も少なくはないでしょう。(実際毎日の閲覧数が一桁なので・・・以下略)
その通りですともっ!!
百聞は一見にしかず
と言うわけで↓
スカーレット・ジェム ♂
スカーレット・ジェム ♂2

かっこよすぎっ!!
なのに2~3センチと言うかわゆさ。
このギャップがなんとも滑稽で・・・失礼。
このギャップが可憐かつ格好よさであり魅力かと。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

00:37  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.02 (Thu)

co.ロレトエンシス

いつぞやに入ったco.ロレトエンシス。
手前にいたところを撮りました。
名前は「ローズ」。
高貴そうな名前ですな~(笑)
最近、ネーミングセンスが欲しかったりする私です。
他のコリドラスはすぐさま逃げ出しやがりますから、一度も写真に撮ったことがない子が結構いるくらいなのですけど。

なんせ、うちのコリたちと来たら人見知りが激しくて激しくて・・・
寄るとすぐさまバヒュンっ!!と逃げ出します。

「ローズ」↓
ロレトエンシス使用済み
人見知りしない子はこの子ぐらいなのですよ・・・・
基本ワイルドものが大多数だからかもですね。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

17:11  |  Many of こりどらす  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.02 (Thu)

スカーレット・ジェム♂の名前はこれだっ!!

昨日買ってきたスカーレット・ジェム。
この種は人工飼料に餌づきづらく・・・・
口も小さいがため、餌に苦労させられます。
ブライン(いまさらだけどブラインとは簡潔に言えば小さな小さなエビです。)ぐらいしか食べさせる物がないんですよね。
全くもって苦労をかけてくれます。
でも。
その苦労がまた楽しかったりするんですよね。

スカーレットジェム ♂ 3使用墨
この辺が気に入ったようで離れようとしません。
このオスの子の名前は「ジェリム」にしました。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

17:17  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.02 (Thu)

何か大きくなってきた気がする。

早くも大きくなってきた気のするセネセネです。
行きつけの店にもう一度行って、一緒に泳いでいた他四匹の模様を見に行こうと思って行ったのですが・・・
早くも売り切れてました。
さすがです。
古代魚の中では小型な方で、丈夫、安価、格好良いの三拍子が揃ってるだけはありますね。
それを私の友人談によると「ドジョウみたい」と吐き捨てやがったから馬鹿者なのです。
「このバカやろうっ!!」と言ってやりましたよ。(笑)


主食はアカムシで、吐いたり吸ったりで食べ続けてます。
たまにアベニーと取り合いをしてます。
圧倒的質量さでまずセネセネが勝つんですけどね。
その逆襲なのか・・・
セネセネ4使用済み
ヒレ、噛まれてます。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

17:26  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.02 (Thu)

アベニー稚魚 11日目

さて。
この頃になると、書くこともあまりなく・・・
孵化直後に比べて二倍の大きさになっただとか、ブラインに対する捕食攻撃があたりやすくなってきたとかぐらいですかね。
一日における変化も少なくなり・・・。
行動はすっかり親と同じように振舞い、大きくなったせいか観察もしやすくなってきました。
1リットルほどのビンに入れて飼育しているので、そろそろ水かえしないといけないかもです。
孵化直後の赤い色素はほとんど無くなったよう。
仮説ですけど、あの赤い色素はヘモグロビンだったのかな~と思うのですが・・・・
ヘモグロビンとは知っての通り、人間の血液中にも存在し、酸素を運搬する働きをする細胞。
孵化直後は、口はもちろんエラも十分に発達していないがために少量の酸素しか取り込めないのでしょうね。
その結果。
少量の酸素でも十分に体中に取り込めるように目にハッキリ認識できるほどのヘモグロビンが必要になったのでは?
との仮説です。
実際、これは熱帯魚用の重要な餌である「アカムシ」も同様で、あれの赤い色素の元はヘモグロビンとのこと。
自然下では酸素溶存度の低い水中に発生することが多く、そのためにヘモグロビンが大量に必要だということ。
これはどっかで知った知識です。
ようはそんな、どこかのプランクトンみたいな名前のヘモグロビンが必要なくなるくらい成長してきたってことですね。
嬉しいの一言なのですよ。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

22:00  |  アベニー育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.03 (Fri)

12日目

アベニーの稚魚も12日目。
もはや、書くことも全く無く・・・
強いて言えば、たくさん食べる姿が可愛いとしか・・・

それと、順調に大きくなっているってことぐらいですかね。
この頃ぐらいから、なわばりに対する執着が少しづつ強まってる気がします。
互いに互いが気になってしまうのか?
意識の仕合でなかなか食べないのもしばしば。
この頃になって初めてわかります。
稚魚でも喧嘩抑制のためにある程度の複数飼育もしくは単独飼育が必要になる、とね。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

21:41  |  アベニー育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.03 (Fri)

♂or♀なのかっ!?

さて次の日の「ジェリム」達ですが・・・
前回のスカーレット・ジェムの記事では♂×1と♀×1・・・
実はメスだと思ってた名前をまだ付けてない、もう一方のジェムが♂らしいという可能性というか・・・
事実と言うか真実が浮かび上がってきたのですよ。
スカーレット・ジェムのメスは良く言えば落ち着いたベージュ・・・といったところですかね。
悪く言えば地味なベージュ色をしてるわけですけど。
その地味なベージュから徐々に赤い色素が彩られてきたんです。

そこで。
ざっと調べた結果。
幼魚期にはスカーレット・ジェム特有の情熱的な紅が体色に現れないそうです。
とりあえず↓
スカーレット・ジェム二匹使用済み
あれ?右の赤っぽいのはジェリム?やけに色が薄まってない?
それに♀の方だってそんなに赤い?
と思った方が全員でしょう。
まず右のは「ジェリム」。
ではありません。
今話した赤に彩られてきた♀の・・・というよりメスと思って購入した個体です。
ついでなので、名前も決めて「スカレット」にしました。
単純極まりないですね。(笑)

だったら左のメスっぽいのは誰だよ!?
と聞きたくなるでしょうね。
それはメスではないと気づいた私がメスが欲しいと思い、また買いに行ったというわけですよ。
名前は「フェニモール」。
多分これもオスっぽいのですが・・・
まぁ、賭けてみようってわけなのです。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:26  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.04 (Sat)

アベニー13日目

アベニーの稚魚も13日目。
一ヶ月を30日とするなら、早くも半月近くが経ったわけです。
早いですね~。
それでも、まだまだブラインを食べさせていかなきゃならないようです。
いい加減毎日孵化させるのもダルインデスケドね~。

冷凍ブラインをやってみても、見事にシカトされましたし・・・
やっぱり、今は動いてるものじゃないと駄目なのですかね?
ちなみに、冷凍ブラインはスカーレット・ジェムたちへの餌として買ってきたのですよ。
450円は痛い出費でした・・・
とらドラ!という本を買えたのに・・・

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:59  |  アベニー育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.05 (Sun)

アベニー稚魚14日目

そろそろアベニー稚魚たちに個性・・・といいますか。
個体差というか性格差?といっていいのか・・・
とにかく、差が出てきました。

いままで観察してきた過程内で言うなら、稚魚の体色は、黄色がかってる白と変わってきたわけです。
で、二匹のうち片一方は白。
もう片方は黒。なわけなのですが・・・
白のほうもちろん成長して大きいのですが・・・
黒のほうは白のほうに比べ、一回り小さいです。
餌食いの差のようなんですが・・・・
まったく、悩ませてくれます。
このままだと近い将来的にはそれぞれ別の容器で飼わなければならなくなりそうです。
(理由はいじめが起こりそうだから)

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

19:57  |  アベニー育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。