尾鱗色 2009年05月
2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.04 (Mon)

増えてゆく両生類

諸事情にてしばらくネットが繋がらず・・・
毎日の更新が途絶えていたここ三日ほど。
安心してください。
繋がりました!!

・・・だから何?って目で見てますね?そこの読者さんよ。
まぁ、一度見たら同じ人は来ないであろうこのブログに三日ほど繋がらないんだから、なんだっつー話。
(楽しみに見てくれてる人がいるんならともかくねぇ~。苦笑するしかない)

さて卑屈モードはコノくらいにして、本題に入るとしましょう。

今回の主役。
アカハライモリさんです。
いもり 002
繁殖してみたさにオスメス一匹づつ飼ってみた。

ちなみに、今までいた子は隙間に挟まって死んでるのを発見・・・・
かわいそうなことをしてしまいました・・・・
どうも水面に空気を吸いにいけずにそのままお陀仏・・・って感じです。
こっちはオス↓
いもり 001

先代と違ってメチャメチャ喰いっぷりが良くて餌をやってて楽しいのですよ。
メスは「フランドール」。
オスは「ライ」という名前にしました。
とくに名前に由来は無く、ゲームから取った名前です。
これから存分に可愛がってあげますよぉ~!!

スポンサーサイト

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

00:46  |  いもり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.04 (Mon)

恐るべきは拒食である!!

えぇ~なんといいますか・・・・
いきなり拒食に陥りました・・・・
我が家のテトラオドンアベイ・・・もといオレットが。
003"
こっち見んな!との具合でコチラを睨み付けるオレット。
どうしよう・・・と強烈に悩みつつ・・

あれだけ食いつきの良かったメダカに見向きもしません。
原因は分かりきってるんです・・・・

私の痛恨のミス。
ソレが原因です。
ちょっと水草の陰に隠れていたオレットに気づかずに思いっきりピンセットをぶつけてしまいマシてね・・・・それこそ漫画で言うバキィッ!!との効果音が出るくらいの勢いでぶつけてしまいまして・・・

まったく反応してくれないまま三日ほどが過ぎています・・・
幸い、拒食になる前にはメダカをたっぷりと食わせていたから体力的にはまだまだ持つでしょうが、三日ほっといても全くもって食べず終い。このまま食べてくれないと衰弱していく一方です。

コレに対抗して・・・
手間や各デメリットを無視してでもメダカをストックしてる水槽へと水合わせをして投入することを決定。生餌漬け作戦に出ることにします。
食べて・・・・・と切に願いつつ。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

14:41  |  てとらおどん・あべぃ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.05 (Tue)

ここ二日ほど体が・・・

ここ二日ほど寝すぎか?
それとも夜更かししすぎか?
どっちかで頭が強烈に痛い・・・重いです・・・
何にもやる気が沸かない・・・しかし、ペットへの餌やり意欲は沸いてくる・・・
そんな私ですww
とりあえず今回の主役↓
いもり 004

アカハライモリのフランドールちゃんです。
お腹が減ってるときは何でも食う飼い主にとって嬉しい奴。
カーニバルもそのまま食べます。
「その口には大きすぎでは?」と疑問になりつつww
ガップリ食べてくれます。
オスのライも食べてくれますし、実に楽な子達です。
栄養バランスの整ったものをコレでもかと楽に食べてくれる・・・
嬉しいですねぇ。
ちなみに写真は食べた後。
お腹が普段と比べ、全く膨らんでないように見えますが結構な餌を食べた後。
早く卵を産み始めてもらいたいものなのです。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

17:48  |  いもり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.06 (Wed)

キミに決めたっ!!(ポケモン調でww)

↓コレだ~れだ?
うきがえる 002

ヒメツメガエルの「姫」?
ブッブーッ!!
不正解。残念でした。
じゃぁなんだよ?ですと?
正解は・・・
ウキガエルもといアジアウキガエルのオス(多分)固体です。
うきがえる 003
底にいるのは珍しかったので写真に撮りました。

写真じゃ分かりづらいんですが、緑色がかっててちょっといい雰囲気出しやがってんですよ。
縞模様の出も良くて個人的には大分お気に入りの固体です。

オス固体なんて呼ばれ方もイヤでしょうし、固体それぞれの見分けも出来る様になってきたのでそろそろ名づけていこうかな・・・・と。
某有名(?)漫画から名を取って、コイツは「ケロロ」(興味があれば「ケロロ軍曹」でググッて見るといいです)という名前に・・・しようかと思ったのですが、そのうち真緑のカエルを飼うことになるかもしれませんし、やっぱり止めてオリジナルの名を付けようと思います。

「愛喜」と書いて「うき」です。
名前の由来は愛を喜ぶ・・・つまり、飼い主の愛を認識して、且つ喜んで欲しい・・・そんなメルメルメルヘェ~ンな気持ちを込めて名づけた・・・・わけではもちろん無いですww

・・・ふふふ。いまのでだまされた方はいます?
修行が足りませんね。
んなメルヘンチックな飼育者は生餌なんて使いませんぜww
言わずもながらウキガエルのウキの部分を抜粋しただけの毎度のごとく単純な名づけですよ。

テーマ : ★水系のペットなんでも!!★ - ジャンル : ペット

02:02  |  うきがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.07 (Thu)

ウキガエル☆特集☆

今日はちょっと気分を変えて、ウキガエル特集を組んで見たいと思います。
情報源は数少ないネット情報を掻き集め、飼育下から得られる情報含め繁殖から飼育に関することまで出来る限り詳しく書き連ねていきます。
よりたくさんの方達がウキガエルを餌としてではなく、ペットとして飼われる事を望んで・・・。
アジアウキガエル 001



まず正式名称は「ウキガエル、アジアウキガエル」
名前から分かるとおり、日頃から浮いて暮らす水棲ガエルです。体長は四センチ前後。
色は茶色から灰色など個体差があり、黒い斑模様が背中に浮き出る固体も。
緑がかってくる固体もいます(ポリプテルスみたいに緑化します)。

餌は結構幅広く食べてくれます。
コオロギ(心なしかフタホシのほうが食いつきが良い)、ささ身、カーニバル、乾燥エビ(メーカーによる食いつきの違いはあまり無い様に思える。小さいものがお勧め)、リッチスティック(亀の餌)、冷凍赤ムシ、メダカ、ミニキャットなどなど。(おそらく手ごろな大きさで目の前で揺らせば大抵は食べてくれます。餌や固体の好みによってその後に吐き出すことがちょっとありますが)
固体によってはコオロギ以外口にしない固体もいますが、ピンセットで与えるようにしておけば人工飼料をピンセットで摘んだときも食いつきます。餌を目の前で揺らせば、餌付けることが割と簡単。(しかし著しく食いが悪い時がある)

繁殖
繁殖期には婚姻瘤が出て、メインティングコールを行うとのこと。雌雄の確認は大きさくらいだろうか?見掛けでは全く変わらない。おそらく小さいほうがオス。このカエルの近い仲間もそうだから多分間違いない。低温処理によって繁殖が誘発されるらしいが真偽は分からない。水換えの水をわざと冷たくしたりしたけれど、我が家では熱帯魚と混泳してるために20度未満には下げられないし、ほんの一時間程度のみ。やはりこの程度では無理。

さらに言えば熱帯性のカエルらしいのであまり水温を下げて体調を崩してもらっても困る。(どこまでの低温に耐えられるのか不明)

飼育のコツ
アジアウキガエル 002

結構脱走が上手いです。フタは必須。
買った直後は痩せてる場合が多いため(店側では餌をやってないことが多い)導入当初はコオロギでキッチリ養生させると良い。と思う。
ただ毎日あげていると太りやすいのである程度、体力が付いてきたら毎日上げる必要は無くなる。餌のあげ過ぎにはちょっと注意。
そして糞が結構大き目のため、水の汚れも目立つ感じ。
こいつらを入れることになってから水底の細かい汚泥が増えてる。(五匹もいるから、という理由もあるだろうけどww)
また、結構陸地に乗ることが多く、陸地は出来ればあったほうがいいかもしれません。(乗ってる頻度はあまり多くない。そして心なしか食後に乗ってるときが多い気がする)


とりあえずこんなもんですが、どうですか?
飼いたくなったでしょうか?
とにかく可愛いし、安いし(大抵百円以下)、丈夫。
個人的にはカエル飼育初心者に一番向いてるカエルだと思います。

いつかこのカエルのオタマジャクシや卵塊の写真がネットに溢れるのを願ってww
以上、きなこもち、もとい私によるウキガエル特集でした。


テーマ : カエル・かえる・蛙 - ジャンル : ペット

23:58  |  うきがえる  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.08 (Fri)

夏虫が鳴いている~♪

ウキガエルの餌用に買った(飼った、とも言うかもしんない)イエコオロギがとうとう二匹を残すのみとなり、家の中で響く鳴き声も消え失せたように思えます。(まぁ鳴いてるんですけれどww)
とにかく、今回は餌用と軽んずばかりではなく、コオロギの鳴く様を見ていただきましょう。
鳴き声ではなく「鳴き様」です。
コオロギの姿を見ただけで頭を抱えてしまうような方は御覧なさらぬよう・・・



ひとつ思うのが、繁殖時に声を使おうだなんてなぜ考え出したんでしょう?
天敵に見つかりやすくなると思うんですけどねぇ~。(ねずみとかネコとか。ネコは食べないかな?)

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

22:31  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.09 (Sat)

めだかの学校~♪

たまには初心に還って、メダカでも繁殖させようと思います。
なんとなく稚魚の姿を今一度見たくなったものでして・・・
↓というわけでさっそくコレをご覧あれ
メダカの卵 001
拡大してもらうとわかりますが、6日目の卵です。水温は3日目までが29度前後。4日目から今日までが28度です。(水槽内に入れてた水草が枯れてきたタメ、一度下げた)

ほぼ三十度近いせいか3、4日目には目が出来て、今では体が出来てることがわかるくらいです。
多分、早ければ明日の夜には生まれるんじゃないでしょうか。
いいことです~。
↓ピンボケだけど拡大写真
メダカの卵 002
目が出来てることがわかるかと。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

20:17  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

孵化寸前!

メダカの卵は孵化寸前です。
色づいてきました。
今日の夜に孵化するかもといっておきながら生まれてこなかったです。
ざんねん。
とりあえず水カビも無く順調なメダカの卵。
順調すぎて拍子抜けな気分でもありますが。
そういえばメダカの卵の採取に適した時間帯ってのがあるんですけど、ご存知ですかね?
できることなら引っ張らずに早々に言っちゃいたい気分なのですけど・・・
ちょ~っと眠すぎる(この記事を書いてる今現在の時刻は深夜二時半ごろ。)上に、長くなりそうなので明日の記事にて語ろうかと思います。
(今回は写真は無し。)

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

02:32  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.12 (Tue)

孵化

メダカの卵がいよいよもって孵化しました。
まだ生まれてこないな~と思いつつ、今日も無理っぽいかなと思っていたら既に水面に孵化していたメダカの仔魚(生まれて間もない、ヨーックサックがある頃合の稚魚のことを指す言葉。「しぎょ」と読む)。

全く気づかなかったですww

ヨークサックの具合を見ると、どうも二日近くは経ってるようでして孵化したのは6日目から今日(8日目)までの間と言うことになります。
メダカの仔魚 001
↑仔魚っぽいのがいるのが分かると思います。
もうちょい見やすいの↓
メダカの仔魚 003
拡大↓
メダカの仔魚 004

久しぶりに見たメダカの稚魚。
「こんなんだっけ?」という記憶の曖昧さを改めて自覚しつつ・・・
メダカの仔魚 005
とりあえず確認できるのは十匹前後。
もちろん全ての卵が生まれてきてるわけではないです。
が、明日中には全て孵化するかと・・・

最後に前回記事で引っ張ったメダカの卵の採取に適した時間帯ですが、ソレは・・・
「朝」です。

メダカは夜明とともにペアリングと交尾を開始し、受精を済ませます。
つまり、メダカがお尻からぶら下げてる卵は既に受精済みなんですよ。
つまり、採取に適した時間とは朝起きたら。
どこか分からない所に卵を産み付けられるよりもコノ時点で取ったほうが、食べられることによる卵のロス率を下げることが出来ます。

取り方は簡単。
卵はある程度の固さを持ってるため、よっぽど不器用でもなければ潰すことはありません。
網で掬った後、そのままメダカを掴んで卵を取る・・・
コレで全然問題がないです。(親メダカにストレスがかかるだろうけど、普通に飼育してあるメダカの場合、コノ程度で死ぬことはまずありえないです。)
手軽且つ、簡単ですが・・・・高価なメダカにはしない方がいい手法ですww(中にはストレスに弱い品種改良種もいるとのことで)

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

19:46  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.16 (Sat)

拒食からの回復嬉し!!

テトラオドンアベイもとい「オレット」君(?、「ちゃん」かもしれない)の拒食が今日にヤットこさ回復しました。いや、回復というか「終わった」と言うべきか・・・
拒食ってのはちょっと病気とは違う感じですねぇ~。

一時、メダカのストック水槽に移転してメダカ漬けにしてみたものの・・・
食べてるんだか食べてないんだか良くわからず・・・・(お腹の膨らみ具合を見ると食べてないっぽい。メダカの残数で分かる・・・・こともなく。メダカは減ってるような減ってないような・・・)

このごろ最近、オレット君の衰弱死を覚悟していたんですが今日いきなり寄ってきまして・・・
「さすがに腹が減ってねだりにきたか・・・?」と思いつつ。
拒食前には水槽を二回叩いてから餌をやっていたせいか、叩いてみるとよってきます。
ためしがてらメダカをやると4、5匹を一瞬で平らげて満足そうな表情をしています。
(ちなみに広い水槽ではメダカの狩りを失敗することが間々あります。しっかり食べてるかの確認はして置いてください。我が家では残酷なようですけど頭を潰してからあげています。まぁ魚を三枚に下ろすほうがよっぽどグロいですからあまり抵抗はないんですが・・・)
ポリプにやろうとしたカーニバルにすら食いつくほど飢えていましたからね。
しかしメダカを食べた後は水槽の隅っこにて、こもっちまってるんで写真は取れずじまい。
残念。

今回のことで学んだ教訓は「日頃の餌は充実させて!」です。
日頃から健康第一なんて言って餌を最小限にすると脂肪があまり付きません。(もちろん付かないに越したことはないんですけど)
つまり、日頃からしっかりお腹一杯に食べさせて長期スパンの拒食に耐えられる体力や栄養をつけて置く・・・
これが拒食の危険性があるフグにおけるちょっとしたコツ・・・かもしれないです。

実際、大分のロングスパンでしたからね。拒食前にたくさんの餌をやっといて良かったと思いましたよ。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

00:23  |  てとらおどん・あべぃ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。