尾鱗色 2009年07月
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.01 (Wed)

意外な新事実!!

前回に続き、ハエトリソウの事に関して書こうと思います。
連日、雨あられ・・・もしくは曇りなわけで・・・・鬱々真っ盛りです。

そんな中、ハエトリソウ・・・もといハエトリグサに関する意外な事実がわかりました。
ハエトリグサのムシを食べる捕虫能力についてです。
まず、食虫植物といっても「あくまで植物である!」
ということです。
もともとの環境が貧栄養の環境下にあるために、それの補助役として備わってる能力であり、元来の植物どおり太陽光だけで十分に育つことが出来るそうです。(普通に考えれば、分かることですね。植物の緑色は光合成のための緑・・・・もとい葉緑体なわけですし。緑色である限り、光合成ででんぷんを作成できるってことですから)
成長のためのエネルギーを「捕食」で補ってるというわけではない・・・・ということです。

むしろ、あえて餌をやったりすると過剰栄養?なのかは分かりませんが、枯れてくるとのこと。
肥料も同じく枯れていくそうですね。

第二に、捕虫のための葉(以下、捕虫葉とする)の開け閉めの回数が限られてることです。
2~3回開け閉めしてもまた、捕虫葉が枯れていくそうです。
「えぇ~~~~~~~~~~~~っ!?」っと思う人が多数いることでしょう。(多分ww)
まぁ、それが植物の限界ってことなんですよ。
構造的に感度が悪くなってくのはしかたがないそう。

とまぁ・・・もう既に餌をやった後にこの辺の情報を手に入れましてね・・・・



スポンサーサイト

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル : 趣味・実用

16:56  |  たまの日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.03 (Fri)

ぴゅぴゅ

コオイムシを育ててる上で、結構困ることがあります。
それすなわち。
おしっこを引っ掛けられるんですよ・・・。
ちょっとした油断でピシュッとかけてきます。
なぜ、この餌やりのタイミングで・・・と嘆きつつ。
目を狙ってくる気がしますww
メガネがあるから私には通用しないんですけれどね。


テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど) - ジャンル : ペット

20:48  |  こおいむし育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.04 (Sat)

ムッツリーニ三世!!

あ。タイトルは気にしないでくださいな。
単に思いついたものを書いただけですww
コオイムシが5齢幼虫と化しました。
ぴくちゃぁ 022

もはや残す脱皮回数は一回のみ!!

ここらでひとつまとめておきたいと思います。
まず孵化までが
13日。
1齢から2齢までが
4日。(朝と晩にアカムシを1匹づつ。稚魚を与えてみても残す)
2齢から3齢までが
4日。(朝と晩にアカムシを2匹づつ。体長は8ミリ前後)
3齢から4齢までが
5日。(朝から晩までの間にアカムシを2~3匹づつ。たまに稚魚やレッドラムズ。体長は約12ミリ前後)
4齢から5齢までが
5日。(朝から晩までの間にアカムシを3~4匹づつ。一匹だけレッドラムズや稚魚も加えて育成。体長は17ミリほど(現段階では写真の個体のみ5齢となっているので他個体がもっと大きくなることに期待。))
ここまでで31日経過してます。
そしてやはり大きくなるごとに成長率が落ち込んでいってるのも見過ごせない点です。
この写真の個体のみが脱皮し、ほか個体は明日になりそうです。


このように脱皮のタイミングも同じ餌を、やり続けているにもかかわらず成長に違いが出ます。
ぴくちゃぁ 020
ぴくちゃぁ 019


テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど) - ジャンル : ペット

20:14  |  こおいむし育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.12 (Sun)

ひさかたぶ・・・

久方ぶりの更新だというのにいきなりでなんですが・・・
今朝方、テトラオドン・アベィの「オレット」が死去しました。
ここ一週間、何も食わなくなり・・・次第に弱って死亡・・・
いつものように拒食のフリかと思われたのですが・・・・
どうも餓死のようです・・・・
前回の拒食と比べて短かったので、「まだ大丈夫」という安心・・・いえ、油断がまずかったです。
駄目元でとカーニバルを口元に持って行ってみると、猛烈な食いっぷりを見せるオレット・・・
しかし、健闘むなしく死去・・・・
次回、中型フグを飼う時は死なせないように・・・頑張りたいと思います・・・



テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

13:33  |  てとらおどん・あべぃ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.12 (Sun)

貝類さまさま

ぴくちゃぁ 017
レッドラムズとモノアラガイです。いや、サカマキガイかも。
この前購入したアヌビアスにサカマキガイらしき卵を発見してそのまま放っていたら育ちました。
これでコオイムシの餌のバリエーションが増えた・・・
ふと気がつくとそこかしこにサカマキガイのタマゴもとい卵塊が産み付けられています。

計算どおり!!
レッドラムズが孵化まで二週間とかかるにもかかわらず、サカマキガイは一週間。
しかも、成長もレッドラムズに比べると早く、手ごろな大きさで成長が鈍くなるためにコオイムシにとってこれほど便利な餌はありませんね。(写真くらいのレッドラムズとなるとコオイムシの腕に収まらない)
そろそろ餌として使えるころあいです。
ってか既に使ってるww↓
ぴくちゃぁ

十分タマゴも生みましたし、不本意ながらオトシンのための昆布すら食べています。
その調子で!と応援しつつ・・・昔はあんなに忌々しくて駆除仕切るべく毎日とりまくったのにな~とも思いつつww

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

13:52  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.13 (Mon)

夢へ向かってww

久しぶりに、大きいほうの熱帯魚屋へ足を運ぶと・・・
あるものを発見!!

そして即刻購入!!
タガメの幼虫も売られていたんですが・・・今の私には買えそうにないです・・・
それはともかく・・・
そのある者とは
ぴくちゃぁ 029

ヒメツメガエルですよーっ!!

いつか通販を・・と思ってたのですが・・・
ラッキーです。
もともと家にいるのはオスですが・・・・
この子はどっちなんでしょうね?
体長は2センチほどと我が家の「姫」とは大分大きさが違います。
体長的には姫の2倍。質量的には姫の3倍です。

どうも、オタマジャクシから成体となったばかりのようです・・・いや、成体・・というより、亜成体という表現のほうがより正確かもしれません。
たぶんまだ、性成熟はしてないでしょうから・・・・たぶん。
ぴくちゃぁ 028
↑そしていきなり脱皮してます。(わかりづらいかな?)


これからどんどん大きくなるのでしょうね・・・
ちなみに、餌をやりやすいように小瓶にて飼育中です。
ぴくちゃぁ 030

しばらくFDアカムシを主食に、たまにささみ・・・という感じである程度大きくしてから水槽へと導入をしようと思います。

テーマ : ☆水槽の中☆ - ジャンル : ペット

22:03  |  ひめつめがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.14 (Tue)

赤い彗星・・・

赤い彗星・・・それはこやつです↓
ぴくちゃぁ 016
スカーレットジェムのオスです。


ぴくちゃぁ 015
↑多分オス二匹・・・と色の薄いほうの片方は確実にメスです。

興奮時に浮き出る模様が、メスの婚姻色ですからまず間違いありません・・
さらにいうと、タマゴを持ってるのが透けて見えるので、100%間違いないです。

それにしても、興奮時に湧き出る模様が婚姻色だとすると、繁殖期に入ってるときは常に興奮してる状態ってことですかね・・・・寿命が縮みそうなかんじですが。。。
まぁ、なにはともあれ。
大学のレポートを完遂し、晴れてブログの更新をする私です。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

22:24  |  THE・まとめて!ねったいぎょ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.15 (Wed)

待っていたのだけれど、複雑な気持ち・・・

さて・・・
まずこれを見てもらいましょう↓
ぴくちゃぁ 027

・・・変哲のない脱皮殻と思うかも知れませぬ。
しかぁぁしっ!!
脱皮殻とはちょっと違うのでありますよ。

これ・・・食べられた後の殻・・・
つまり食べ残しがこれです。
ぴくちゃぁ 025
中央の白っぽいものは気泡。
そしてこれは殻ではなく空・・・というわけです。

つまりこのケース内で共食いが起こったてことに他ならないというわけです。
裏返して撮影↓
ぴくちゃぁ 026


犯人の人相はこちら↓
ぴくちゃぁ 023
もともと増えすぎても困るので、共食いさせる前提で一緒に育ててたわけですから・・・・
まぁ、かまわないんですが・・・なんか複雑な心境で・・・・


テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど) - ジャンル : ペット

22:27  |  こおいむし育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.27 (Mon)

分身の術!!

さて、ヒメツメガエルの子供ですが・・・
ぴくちゃぁ 032
分裂して増えました!!
二匹に増えたんですよ。
ちょっと事故ってしまいまして・・・・足が腐り落ちてしまいました・・・。
それを生理食塩水に特殊な栄養液とを加えて・・・一週間ほど、まつと・・・
二匹となった!!・・・ってんなわけあるかい!!

もちろん冗談ですよww
買ったんです。
一匹だと、もともといる個体含めすべてオスの確立が50%です。
しかしもう一匹買えば・・・25%までに減少します。
まぁそれでも不安は尽きないわけですが・・・

しかも新しく入れた二匹ともがオスっぽい・・・
これは由々しき事態であります・・・

どうしよう・・・・

20:32  |  ひめつめがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.28 (Tue)

いよいよ成虫!!

いよいよ成虫となったコオイムシ。
ぴくちゃぁ 031
脱皮後しばらくの個体なので若干青みがあります。
また、こいつが一番早く脱皮した個体。
脱皮した日は7月18日くらいです。
脱皮を確認しだい、書こうと思ったのですがすっかり忘れてましたww
今では二匹の成虫がいます。
ほかの幼虫は5齢でとまったままの個体や、いまだ3齢幼虫のもいたり、4齢幼虫もいたりとバラつきが目立ちまくりです。
それもそのはず・・・
なんか最近餌やリが面倒になってきたわけでして・・・・
ここまで大きいとアカムシの一匹二匹では満足するわけもなく、乾燥エビに切り替えたわけですが・・・・
これがまた面倒なんです。
コオイムシは相手の体内に消化液を注入してそのまま吸い取る・・・という捕食行動をとります。
完全な密閉状態じゃないですから、このときに溶かした流動物が水に流れ出て驚異的な水の汚れを発揮するわけですよ。
このときの換水が面倒で面倒で・・・
それに便乗?して餌やりがとど凍ってるわけです。
でもこれで分かったことがひとつ。
一定量の餌を食べて初めて脱皮するってこと!!
これはこれであらたな発見をしたかな~t思います。

テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど) - ジャンル : ペット

19:09  |  こおいむし育成めるへん日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。