尾鱗色 2010年03月
2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.02 (Tue)

レッドレッグ!?

我が家のイエアメガエルのグリューネですが・・・
レッドレッグを患ったのかもしれません。
エロモナス?属だったかな?そうした悪性の常在菌によって引き起こされる病気で、魚などもこの菌によって病気になることがあります。
魚の場合は赤斑病(名前こんなんだったかな?)や尾ぐされ病などの原因です。
魚でもカエルでも不潔な環境で飼育しているとなりやすい病気なのですが・・・
ウチの子は店頭で販売されているイエアメよりはぜんぜん清潔だと思うのですけれど・・・
イエアメガエルを高温多湿で育てていたのがストレスとなったのではないか?というのが私の見解。
(現在は保温のため、水槽に水を張り、そこを温室変わりとしてるため蒸してます。)

そして、レッドレッグはちょっと見分けづらいんですよね。
カエル自体うっすらと赤いときがあることもあるので・・・どうなんだろ?
とりあえず、内的自然治癒を強化するべく、餌に工夫を加えます。
人間用のビタミン剤(100円ショップで購入。10分の1以下の大きさに割ってから使ってます。多すぎると下痢をするので注意しましょうwwレオパのときは一錠の半分で下痢をしました。)を詰め込んだコオロギをあげます。
ビタミン群は体内の生理機能を高めたり、代謝を良くしたり、免疫力を上げたりと、不調に良く効く栄養素です。
コレで様子見しようと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

01:55  |  いえあめがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.08 (Mon)

だる・・・

久々に携帯からの更新です。
PCを起動するのがダルくて・・・
ここ数日、更新が無いのはゲームをやり込んでるせいでもあり、体調を崩したりしてるせいでもあり。
昨日はゲーム(ヴェスペリア)のやりこみやりすぎのせいか、3D酔いでダウンww
吐き気や頭痛で寝込んでました。
ボーダーラピードはヤヴァイのですww
それとペットのことで、色々ちょこちょこ出来事はあったのですが・・・
とりあえず大学の補講中なので、ペットうんぬんはまた後ほどに。

12:20  |  たまの日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.13 (Sat)

あいもかわらず

さて五日ぶりの更新はクランウェルツノガエルの「アルル」についてです。
ちなみに病気(レッドレッグ)になってたイエアメガエルのグリューネはビタミンを加えた餌を毎日上げてたら4日くらいで完治しました。
今ではすっかり元気なのですよ。
話を戻しますね。
ぴくちゃぁ 228
日々大きくなってるアルル。
この写真は3月5日・・・すなわち、いまから8日前の写真です。
今では一回りは大きくなってるという・・・すさまじい成長率ww
家に来たときなんて半分くらいだったはずなのに・・・・おおきくなるのが早いですね。
前に飼ってた子よりも食いつきが大分いいのですぐ指にも食いつこうとします。
三日前くらいに噛まれたんですが・・・すっぱりと切れましたww
ちくっとしただけだというのに・・・すごい切れ味なのです。
大きくなったときは指を噛み千切られかねない・・・と少し戦々恐々な私。

(水張りから土飼育に切り替えているのは、水換えの手間を省くのと便通を良くするためです。水張り飼育だと観察しやすいんですけど、水の劣化が早くて一日おきにしないといけないくらい。なおかつツノガエルは汚れた水では糞をしないと聞いたことがあるため・・・だったら土飼育にしよう!と決めて、土飼育にするとすぐさまウンチをしたのでだったら土飼育に・・・というわけで土飼育にしました。ヤシガラ土です。)

23:29  |  つのがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.15 (Mon)

ジャイミルしんかぁぁぁぁ

ジャイミルの蛹が羽化しました。
羽化直前・・・というか羽化が今にも始まるって時の写真です。
ぴくちゃぁ 229
となりにあるのはただのミルワームの蛹です。
すさまじいまでの大きさの差ですww
後ろの写真↓
ぴくちゃぁ 230
このオレンジ色の部分(昆虫部位的には胸といったほうが正しいですね。)、ここは剥ける場所ではなく、そのまま成虫の体となります。
蛹の皮は腹の部分だけにしかありません。
手の上でちょうど羽化し始めた↓
ぴくちゃぁ 226
ジャイアントミルワーム改め、ツヤケシオオゴミムシダマシの誕生です!
ちなみに、サイトやブログによっては成虫の写真であっても「キマワリ」(別の昆虫の名前)として紹介してますが間違いですのであしからず。

あわせてこちら↓も見ていただくと涙腺爆発です。
ジャイミル良餌説

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

01:07  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.17 (Wed)

風呂

ぴくちゃぁ 231
お風呂中のアルルです。
見づらいのは許してくださいな。
いちいち観賞魚用の電灯を外して蓋を外し、上から撮るのが面倒でしてねww
ちょっと前に水に入ったままうんちをしたことがあるので、そろそろしても良い頃だろう・・・・と、水場であるプリンカップに誘導しました。
誘導も、噛まれないようにとビクビクしながらしてたんですけどね。やられましたww
人差し指にかぷっと歯型がつきまして・・・・「上あごが当たった」という程度でも血が出ます。
「ちょっと牙が鋭すぎないかい?」
アルル「ふはははっ!ボクの目の前に出てきたものは何人たりとも餌となれ!!」
といわんばかりの表情で私を見つめるアルルです。
掃除のときも上を眺めていつでも飛びかかれるように・・・という体勢ですから困ったモンデスww

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

16:22  |  つのがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.23 (Tue)

黒々と

確保してあった、ジャイミルの蛹がなぜかダメになりました。
ぴくちゃぁ 232
ところどころ黒く変色し、動かなくなり、死んだようです。
ときたまこういう蛹が出来るのですよ。ただのミルワームの蛹でもあります。
蛹化直後はどんな蛹も元気なのですけれどね・・・
原因が不明なことが多くて・・・困ったもんです。
ちなみにほぼ同時期に蛹になったものと比べると異常なのが一目瞭然です。
ぴくちゃぁ 234

ミルワーム蛹の場合、ちょっとした傷がついたものは文字通り、十中八九死にます。
傷がつかないものでも羽化不全で死んだりするのがちらほら少ないけどいますし、傷がつかずとも黒く変色して死ぬのも確かに居ます。
ジャイミル蛹でも起こりえておかしくはありませんが・・・原因がわからないのはちょっとスッキリしませんね。
研究が必要なようです。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

01:19  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.23 (Tue)

どっぷりと

クランウェルツノガエル(ライムグリーン)のアルルのことです。
そろそろ土の入れ替えをしようということで、容器を見たら面白い格好をしていたので撮ってみました。
ぴくちゃぁ 235
饅頭みたいで美味しそう・・・すww
とはいえ今のタイミングでコレは不味い・・・
どうやって出そう?(汗)
悲しきかな。私が除いた瞬間にぴくっと反応していましたし・・・飼い主である私ゆえに分かってしまう・・・
下手に動いたら殺られるということが!!
弱肉強食の掟が私の指を襲おうとしています・・・こうなればこちらも指を賭けてのデッドオアアライブ的なバトルに望むしか・・・でも!この子は私の大切なカエル!!殺す気でいけなんて無常にもほどがあります・・・しかし、それが自然界の・・・ひいてはカエル界の掟なればこそ・・命を賭ける意味があるというものですが・・・くそっ!神よ!!なぜこんな悲しい宿・・・失礼ww

一目でアルルの「ふふふ・・・さぁ指を出せ!全てを食ろうてやる!我が前に現れる肉は何であろうと我が血肉にしてくれるわ!!」という気概が見て取れたものですから・・・動転しましたww
まじめな話、どうやって取り出そうかと少し悩んだだけです。
後ろから手を入れればいいんですが・・・意外な機敏さで噛まれるんではないか?と一抹の不安があったものですから。
結果的には大丈夫だったのですけれどね。
ぴくちゃぁ 233
ついでに透明な容器に入れて糞の溜まり具合を確認です。
ちなみにお尻側からみて右側が腸。左側が胃です。
家に来たときは内臓が透けて見えてたわけですが・・・今ではすっかり見えません。
変態直後しか見れないようです。糞の溜まり具合が一発で分かったもんですからとても便利でした。
今ではうっすらと黒いシルエットが見えるだけ。
しこりと黒いシルエットを併せてウンチが出そうかどうかの判断をします。
で、黒いシルエットやしこりが大きいようなら温浴をさせて見ます。
数分後、ぷりぷりと大きいものをだしたアルル。くさかったですww

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

14:51  |  つのがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.24 (Wed)

ピンクマウスの詳細なるもの(写真は無いです

パソコンの調子がいいので今のうちに更新しておきますww
最近、またピンマを使いたいな~と思い始めた私。
爬虫類や、中型以上の両生類(特にカエル)には良く聞く餌だと思います。
栄養価が高い・・と良く聞く餌ですが、同時に産まれた直後のピンクはカルシウムが少ないとかも良く聞きます。
そう聞くと本当に栄養価は高いの?と気になるわけですが・・・・・
個人的には単食させる気はないので、私の飼育スタイル的にはどうでも良い事なのですけど、単純に知りたい・・・すなわち知的好奇心をそそられるのでいろいろ調べてみました。
ピンクマウスの詳細な栄養価というものを。
調べてみると意外な事実が分かるものです。
まず、カルシウム云々の話題。
カルシウムはピンマSとピンマLではどちらが多いと思いますか?
どちらもカルシウムとリンの比では問題ないようです。ざっと2:1というところ。
比ではこうなってますが実質、量はピンマSのほうが優れてるとの事
それどころか、総合的なバランスでもピンマSの方が優れており、ピンマLやファジーはかなりの脂質増量となっています。
これはピンクマウスに与えられるミルクの成分に関係しているそうで・・・
ミルクの成分には多量の脂肪が含まれており、それを取り込んでいるピンマの子供がぶくぶく太り、脂肪量が増大していくということらしいです。
ちなみにピンマSの段階であっても、脂肪量はジャイアントミルワームと同じくらいという。(ジャイアントミルワームの場合は甲殻に含まれるキチンによって、あるていど脂肪が排出されますが、ピンマの場合はキチンがありません。そのためよく太ると言われているのでしょね。ジャイミルを個人的に使用している限りではコオロギよりちょっと太りやすいという感じです。ジャイミルの「キチンだ脂肪だ」についてはこちらをご覧くださいませ→ジャイミル良餌説
そしてピンマLになると脂肪は倍以上になり、たんぱく質などが減ります。
意外にもピンマSは優良な餌だったわけです。

巷で噂の脂肪が多いというのは残念ながら本当でした。
しかも大きくなるごとに増えていくなど・・・
もうひとつ。消費期限はどうやら一ヶ月くらいということらしいです。それ以上冷凍したままだと冷凍やけ・・・すなわち、酸化していくとのこと。
酸化すると一部のビタミンが用を果たさなくなるので出来るだけすぐ使い切った方がよさそうです。
さらには解凍した後、切り口を水に漬けたり、血液が流れ出たりした際にビタミンが流出するらしく・・・(これは全てのビタミンに起こるとの事)
それも注意する必要があります。
さらには再冷凍もビタミンの流出を促進します。細胞を破壊し体液が流れ出安くなるからとのことです。
また熱に弱いビタミン、光に弱いビタミンもあり・・・解凍温度の上限はあまり高い温度で解凍しない方がよさそうです。(火が通らなければ大丈夫・・・かな?調べ忘れた。)
冷凍から冷蔵へ移動して解凍するのが一番雑菌の繁殖しない方法だとか・・・まぁ雑菌はあまり気にしなくてもいいでしょう。雑菌程度でどうにかなるほど柔な生き物なんて既に淘汰されてるはずですしww

結論。
ピンマSは皆が言うとおり栄養満点の餌だった。
どの大きさにせよ、脂肪の率に難あり。
成長過程にあたるサイズでは栄養価が落ちる。
解凍時に色々注意が必要。
人肌程度で解凍すると劇的に雑菌が繁殖するとの記述が。
「生まれたては骨が弱いため、カルシウムが少ない」はデマ。

以上てけとーに調べた結果です。
最後に調べる過程で知ったのがイエコとフタホシの場合、イエコは産卵管や羽などが消化されにくいのに比べ、フタホシは全て消化されきり、水分量もイエコに比べて多いとの事です。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

02:12  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.24 (Wed)

良い色が!

温室である水槽を大改装しました。
結果、写真の撮り易い位置関係になったのでここぞとばかりに撮りまくりです。
ぴくちゃぁ 236
良い顔。
あと少しすれば鳴き始める頃合でしょうか?
オスであるならばの話ですけれどね。

アルルの色品種はライムグリーンなのですけど・・・には見えませんねww
アプリコットの方に近いです。
上の写真だと、容器が透明ではなく半透明であるせいか若干見づらいですが・・・
ちょっと角度を変えて見ると・・・・
ぴくちゃぁ 237
結構しっかりとした色合いです。
改めて見ると・・・アプリコット・・・というほどでもないかな?
ただのアルビノですねww

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

17:17  |  つのがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.26 (Fri)

脱走したがり

ぴくちゃぁ 238
久々に月夜についてです。
メスだと思ってたけどオスの月夜・・・最近では脱皮の間隔も伸びてきてすっかり大人に近づいてきました。
半年ちょっと経ったから当然ですねww
少し前から、餌やりが済んだ後や掃除が終わったあとなど・・・・
やけに外に出たがるようになってきました。
意外と運動したがるのかもしれませぬ。
サイトによってはハムスター用の回し車を設置してる人なんかも居るそうですから・・・運動スペースが必要なのかもです。
とはいえソレを設置できるほどの高さも無いですし、使うかも分かりませんしね・・・
散歩とかさせた方がいいのかも?・・・なのです。日々寝てばかりですからそういうこともしたくなって当たり前といえるでしょうけど・・・・・ふむ・・・・そのうちケージの新調も視野に入れなければならなくなりそうですww


テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

01:40  |  ひょうもんとかげもどき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。