尾鱗色 2011年03月
2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.13 (Sun)

地震怖い

久方ぶりです。
皆様。
忌々しい停電のせいで、我が家の魚関連がほぼ死滅というわけで悲惨な二日間を過ごした私です。
関東の私はまあ影響は停電くらいで心配は要らないのですが、東京電力では輪番停電を検討しているとか。
メコンフグとミステリークレイフィッシュ、コリドラス二匹以外は全て死んでしまいました。
…なんてこったい。
元々餌をやった日のみ保温している爬虫類、両生類には影響が無く、餌昆虫にも大きな問題はなかったのは不幸中の幸いです。
地震怖い地震怖い。
家が横に揺れまくりでリアルに怖ったですよ。
しかも今は花粉の時期。
避難中の方々にも花粉症の方は多々いるでしょうから・・・
本当に大変です。

壊滅した町々も復興にどれほどの手間、時間、お金が動くやら。
家が無くなった更地を見ると、なんか衝撃です。
漫画やアニメで見るような倒壊具合ですからね。
あの辺に住んでた人は私の比では無いのだろうなと思うと。




スポンサーサイト
11:19  |  たまの日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.17 (Thu)

仲間入り

今回は昨日、半分衝動買いしたアフリカツメガエルを紹介します!
ぴくちゃぁ 432
これは三日前くらいの写真です。
メコンフグの水槽にて産卵BOXを使って飼うことにしたのです。
アフリカツメガエルとは完全水棲生活をするカエルのことで、カエル飼いの人からみたらある意味で有名なカエルです。
一昔前なら理科の解剖実験なり、それゆえに理科室で見かけたカエルですが、平成生まれの私にはそんな実験の気配すら微塵も灰燼も無く。
ゆとり教育が憎い!と思った初めての出来事だったりなんかして。
まあその辺のガキンチョどもの知的好奇心を満たすだけの実験なんて無くなって良かったとも思いますけれどね。
カエル好きとしては嬉しいような悲しいような。
内臓の位置や状態を理解出来たなら飼育に当たって色々注意できるようになるかもしれないとも思いますしね。
それ以外ではカエルツボカビで一躍有名になったというところでしょうか?
アフリカツメガエルが保有するこのカエルツボカビが他カエルに感染すると、致死率が九割を超えると言うカエルにとってのコレラやマラリア熱以上に恐ろしい伝染病ですね。
アフリカツメガエルが持っているとされるこの致死型のツボカビ。
最近の研究では元々はアジア由来で、だからこそ日本のカエルには耐性があるとかないとか。

何にせよ国内繁殖されたアフリカツメガエルはこのツボカビを持っていないということで、恐る恐る買った訳なのですよ。



が!!
ですが!
ぴくちゃぁ 431

ある朝起きてみると、産卵BOXの中からアフリカツメガエルが居ないではありませんか。


なんでやねんと思いつつ、水槽を見てみるとぽっこりお腹の膨れたメコンフグが悠然と横切りました。
低床には鳥肉のような白い塊がぽつぽつと。
じーざすっ!?




えう・・・食べられちゃった?


ま、まあ!
まあまあ、こんなミスも有りますよね!?
激しい後悔の念に苛まれましたが、気をとりなして。

ぴくちゃぁ 429

もう一匹を購入。
今度は予想外の脱走も出来ないようにフタをできる物を使用しました。


お前は絶対死なせないからな!
ぴくちゃぁ 427



本当に猛省です。










10:39  |  ひめつめがえる  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。