尾鱗色 2014年05月
2014年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.01 (Thu)

脱皮が頻繁。

ミスクレが脱皮しました。
ラッキーなことに脱皮も観察できたり。


2014050103081102f.jpg

これが大体、午後三時ごろの写真。
頭と尻尾の間に白い隙間があり、甲殻が浮き上がってるのが分かるかと。
ああ、ちなみに記事にはしてませんが、5日前くらいにも一度脱皮しています。
小さいだけあって脱皮のスパンが短いです。

1時間後の写真⬇︎
201405010308132ba.jpg

横に倒れてぬぎぬぎし始めます。

20140501030814a14.jpg

時間としては一分、二分ほど。
意外にもあっさり終わります。
水温が29度もあるからかな?

2014050103082260f.jpg

すぽんと抜けた後。

うむ柔らかそう。

20140501030825a17.jpg

こちらは抜け殻。あいもかわらず綺麗に抜けますこと。
201405010316378f5.jpg

そして午前三時。
真夜中です。
抜け殻を半分食していたりします。

順調ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

03:18  |  まーぶるくれいふぃっしゅ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.01 (Thu)

バンパイアクラブのその後

脱皮からしばらく。

201405012359273fe.jpg

足が一本無いのが分かるかと思います。
色合いが明るくなり、黒ずんでいた目も鮮やかな黄色に変わりました。
やっぱり脱皮が近くなると目の色が変わるのかもしれません。
その割りにはかなり時間が空きましたけれどね。

20140502000136d07.jpg

てっきりオスに襲われて食べられたかと思えば丸々足が残っていました。

どうやら食べられそうになったのではなく、交尾が激しかったようです。


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:58  |  ばんぱいあ・くらぶ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.02 (Fri)

忘れてたヨ!

2014050217452191e.jpg

いきなりであれですが此方はイエアメガエルのプラケです。
超シンプルスタイルが私の飼育法です。
結局のところ個体を落ち着かせるという理由以外でレイアウトするのはやめています。
もといグリューネさんがいます。

20140502174522a2e.jpg

残念ながらこの角度だとあまり分からないでしょうが、初めの頃の餌ぐいの悪さや神経質さは嘘のようにナリを潜めているのですよ。
今では人工飼料やジャイミルにカメプロスをぶっさした物。
デュビアにカメプロスをぶっさした物などを餌にしています。
で、これからが本題。

こちらは何かな?
分かります?

20140502174524783.jpg

まあ、最初の写真を見て気になった人もいるでしょう。
右はオタマジャクシ状態から飼いこんできたイエアメガエルです。

5ヶ月前から飼育中で、上陸してしばらくは反応が鈍く、強制給餌したりしていましたが、今では指から餌やりが出来る!
どころか、指もぱっくりしてくるレベルで貪欲かつ、慣れています。
始めて強制給餌じゃなくなったのはアマガエルの成体より大きくなるくらいからでしたっけ。
懐かしいです。

あ、ちなみにセパレータが付いてるのはグリューネが、イエアメジュニアを食べてしまうからです。

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

17:57  |  いえあめがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.09 (Fri)

レッドファイアーシュリンプ

おそらくは大体のアクアリスト達が一度は飼育するであろうエビ。
しかし、エビは割と上級者向けであり、気づいたら居なくなる、他の魚は元気なのに突然死ぬなどワケが分からないタイミングで死にます。
これらは水合わせを適当にやったダメージが時間差できたり、他の生物ならなんら問題のない濃度の硝酸塩でやられてしまうとか、底砂をかき回したら死ぬとか魚に比べて遥かにデリケートです。

また、夏場は酸欠と高温にも注意が必要だったり、とにかく死にやすいエビ。
かつ、綺麗なスラウェシ産のエビは弱アルカリが適してるとか、ビーシュリンプなども割と神経質。

ヤマトやミナミヌマエビではない、綺麗なエビが欲しい。飼いたい。
そういう方はきっといるはず。

そんなあなたにはこの品種がオススメ!
201405090055316a2.jpg
2014050900552920c.jpg

紅い!
赤いこのエビの名はレッドファイアーシュリンプ。ないしはレッドファイアーチェリーシュリンプ。
数年前から見かけるようになったチェリーシュリンプの改良品種で、なにが良いって、ミナミヌマエビと近縁種であるというのがいいのです!

ミナミヌマエビと交配ができるほどに近しく、すなわちミナミヌマエビ並みの頑強さとビーシュリンプ並みの美しさを兼ね備えたハイブリッドなのですよ!!
しかもこの真っ赤具合で3匹千円を割るという安価具合。

綺麗なエビ飼育を諦めていた方はこれを機会に再チャレンジしてみてはいかがでしょう?

飼育ポイント

☆硝酸塩の蓄積に注意
☆温度と水あわせは丁寧に
☆高温と酸欠に注意
☆高温でもエアーをしっかりやることで死なない傾向に(私の経験では31℃でも落ちませんでした)
高温になると水に溶けにくい酸素はより溶けにくくなり、それによって酸欠になり死亡するという話がネット上で多々見受けられる。高温自体はあまり問題にならないらしい。



テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

01:18  |  ざりがに や えび  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.09 (Fri)

カジカガエル

20140509195033f6f.jpg

カジカガエルのペアです。

飼うことにしてみました。
ゆくゆくはアクアテラであるメイン水槽に移せたらなと思いますが、今は餌付けやすいようにイエアメジュニアには引越ししてもらい、ここでひたすら人に慣れさせたいところ。
アクアテラですと餌虫を放置できませんから、止むを得ずなのです。
一応ピンセットを使って見たものの、まるで無反応。

な、なんとなく予想はしていましたが警戒心が強いですね。
長期戦になりそうです。

ちなみに触ると割合ヌルヌルしており体表の毒が強そうな気がします。

さらに言うと渓流付近の綺麗な水質で日々を過ごしているだけあって、体内の水を溜め込む機能が弱めかつ、すぐにオシッコをして水を取り入れるようで器の水が簡単に匂うようになります。
カジカガエルを飼う場合はアクアテラもしくはすぐに交換するようにした方が良さげです。



テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

20:05  |  雑記や餌虫とか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.10 (Sat)

成長します

ガンガン成長してるミスクレ。

2014051017440538e.jpg
脱皮しました。

茶色から見事な青色に染まってきて、ブルーなのやらノーマルなのやら。
わけがわからないよ。

ちなみに青く染まって来たと言うことで、青や赤が映える黒の床材に変更。
うん、いい感じ。
かつミスクレちゃんも落ち着くでしょうから。

ちなみにミスクレ、もといマーブルクレイフィッシュは今まで、何かのザリガニの一種が突然変異により十脚類としては珍しい単為生殖能力を獲得したとされていて、何の種が元になっていたのかは不明だったとのこと。
しかし、最近その品種がほぼ確定的に判別出来たそうな。
「ぷろかんばるす・ふぁらくす」と言う名のザリガニだそうです。
興味のある方はお調べくださいませ。

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

17:57  |  まーぶるくれいふぃっしゅ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.11 (Sun)

食虫植物を増やしました!

前にネペンテスを紹介してしばらく。
新たに食虫植物なんかを増やしたりしてます。

20140511155330ffa.jpg

去年からある一番大きな株はネペンテス・ジェントル。
緑のネペンテスがアラタで、赤いのはレッドアラタです。

他はハエトリソウノーマルとシャークトゥース。
最後にサラセニア・プルプレアですね。

20140511155425376.jpg
プルプレアSSPベノーサの名前で売られていました。

個人的にサラセニアの中で一番好きなプルプレア。
プルプレアはこのふっくらした捕虫葉が可愛くて堪らないのですよ。


テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

16:03  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.12 (Mon)

念願のカエルを手に入れた!

さて、唐突ですけど私には飼育してみたいけどなんだかんだで、その機会に恵まれずに未だ縁がない憧れのカエルが何種類か存在します。

アマゾンツノガエル
ブラジルツノガエル
ミツヅノコノハガエル
アカメアマガエル
ミルキーフロッグ
サビトマトガエル
ソバージュネコメガエル
アズマヒキガエル
の8種です。

スペースの都合上の問題や、また上陸して間も無い個体の方が餌付けやすく、人工飼料にも慣れやすいために極力ワイルド個体は避けてるあまり中々買う機会が無いやつらです。

近い生態を持つ別種同士を一緒に入れることが出来れば楽なんですが、カエルの体表には強弱や種類はあれど毒があります。

この毒でどちらかが死ぬと言う話もあり、私もそれらしき理由で一度、ツチガエルを殺した事があります。
ゆえに却下。

となると飼いたいカエルに優先順位をつけて何がしかは諦めなくちゃいけないわけで。

閑話休題

で、考えた結果、とりあえずこのカエルだけは絶対欲しいと言うのがいて、それがこちら。

20140512225536a1c.jpg

アズマヒキガエルの幼体サイズが楽天市場で売られていて即決即断で購入。

我が家に今日、来たと言うわけです。
これからの飼育が楽しみなのですよ。

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

23:10  |  にほんひきがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.13 (Tue)

かあいい!

まず初めに。
アズマかと思ったらニホンヒキガエルだったよ!
勘違い恥ずかしい!
通販を頼んだ場所のメールをふと見たら注文履歴にはニホンヒキガエルとバッチリ書いてありました。
「アズマヒキガエル 販売」で検索して出た場所だったので思い込んでましたが、まあ、問題なし。
違いは色合いくらいですからね。

201405130210197f4.jpg

あれから一晩。
デュビアの1齢か2齢幼虫を目の前に置くとすぐに反応して、食べてくれました。
カジカガエルとは大違いの大らかさです。
ただ、3匹たいらげた後なのですけど、中々どうしてお腹が膨らんだようには見えません。
もう少しあげた方がいいのかな?

まあ、デュビアの一匹にはカメプロスを練りこんだ練り餌を巻きつけてあったので、それごとうまく食べてくれたため、栄養価的には心配してませんし、十分でしょうけど。

デュビアをパクパク食べる姿はちょーかわいかったです。

ちなみに名前はプルルム
ラテン語で茶色の意味を指すとか。

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

14:09  |  にほんひきがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.14 (Wed)

拒食

ザリガニゴーストが拒食になっちゃったよ!
なぜなにゴースト!?

とまあ、テンション高めですが、ザリガニゴーストが拒食になりました。
順調だったゴーストの大きな問題に頭を悩ませています。
わけがわからないよ。

20140514235121064.jpg

最近はこうして隅っこで尻尾を丸めて手を振り上げ「おなかへったぞー!がおーっ、食い物よこせー!」アピールをしてはくれるもの。

餌にササッと近づき、口の周りでコロコロ転がしてはポイッです。

飽食になり過ぎたのでしょうか?
同じ水槽内ではタニシが蠢いていますから、水質には問題ないはず。
一応、水換えしてみましたが反応は良かれど餌を食べません。
何を求めているのかが不明なのです。


尻尾を丸めて、隅っこに…という行動から恐らくの原因にはあたりをつけていますが…

確信を得るには要経過観察ですね。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

23:50  |  ざりがに や えび  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。