尾鱗色 2015年07月
2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.28 (Tue)

久々の記事は食虫植物

20150728101921bb9.jpg
久々の記事を書きたいと思う。
まあ、なんだ。
食虫植物を見せたかったんです。

手前がラフレシアナ×アンプラリア。
奥がおなじみジェントルです。
奥のジェントルはまあ、ブログ更新して無い間に色々ありまして、結構長い間成長が悪いままでしたがようやく持ち直した感じです。

それに対してこちらはアラタ。
2015072810191824b.jpg
でかい!
成長が良すぎてヤバいです。
大きい分吸い上げる水の量も尋常じゃなく、わりと直ぐに鉢が乾きます。
ちなみに吊り鉢なのはツボが大きくて床置きだと中身が溢れてしまうんですよね。

さすが初心者オススメネペンテス。
直射日光にも負けずにガンガン育ちます。

201507281019211a6.jpg一番大きなツボが中央。赤らんでいて綺麗です。


201507281019194ce.jpgこちらは一番新しく開いたツボ。私は開いたら直ぐに中に規定量より少し濃い目の液肥を小さなスポイトで一回分と、適当な熱帯魚の餌を投入します。やり過ぎるとせっかくのツボが痛むので、中に入っている溶液の3分の一くらいを目安に適当に入れてます。ちなみに画像のツボには乾燥エビ一つと、ネオプロスをピンセットでひとつまみ分が入っています。知らない方のために解説するとネオプロスはタンパク質を分解する生菌と、魚が出した糞を分解する生菌が配合された熱帯魚の餌で、消化酵素が分泌されない古いネペンテスのツボや、消化酵素が無いとされているヘリアンフォラにオススメなんじゃないかなと勝手に思っていたり。


スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:39  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.29 (Wed)

コアフリカモウセンゴケに埋もれそう

今日も食虫植物について書きたいと思います。
もとい
20150729103344373.jpg

セファロタスである。
別名フクロユキノシタとも呼び、通年通してこの場所に置きっぱです。
ごく稀にハイポネックスハイグレードを2,000倍くらいに薄めた肥料をやったり先の細いシリンジで800倍くらいのハイポネックスを、袋の中に入れたりしてます。
成長は良好です。
うちに来た当初はかなり貧弱な株で、全ての葉が真っ黄色で元気がなかったのですけど今じゃその影もありませんね。

…なに?それより周りに所狭しと敷き詰められてる植物が気になると?

これはコアフリカモウセンゴケという名前のモウセンゴケの一種で、Amazonで小難しい名前で売られていた可愛らしい形状のモウセンゴケです。ネットで調べて覚えやすい和名で私は呼んでいます。

…え?そうじゃない?なんでこんなにアホみたいな植え方してるのかって?

まあ、それは深くもなく浅くもない理由がありまして…コアフリカモウセンゴケは花を良く出し、良く種を作るみたいでちょうどセファロタスの隣に置いてあったわけですよ。
そして私は他の食虫植物の鉢にその種をこれまた適当に蒔いたんです。勿論少量。
しかし、二週間近くかな?
種が発芽しなかったので、発芽率が低いのかもと考え数打ちゃ当たるとばかりに次はセファロタスの鉢に蒔いてみたんです。
これまた少量。
しかし、誤算がありましてね。
種がね。ゴマの二分の一くらいしかなくてですね。
コアフリカモウセンゴケの枯れた花芽から隣にあったセファロタスの鉢に種がボロボロ落ちていることに気づかず。
気づいたら一面緑で今に至りはわけですね。てへぺろ。

2015072910334545b.jpg



テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:48  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.30 (Thu)

オカヤドカリって知ってますか?

私は昆虫が好きです。
ゆえに甲殻類も好きです。
カニやエビなんて大好物です、食べ物的意味ではなく。

つまり買わないわけがない、と言っても飼い始めたのは大体、今年の1月ごろでしょうか?
まあ、可愛らしい生物です。
20150730084224cf3.jpg

今回はカメラの設定を間違えて写真がボヤけてますが、左がムラサキオカヤドカリ。
右がナキオカヤドカリですね。
現在は引越し作業中で、貝殻の確認をしてるみたいです。
オカヤドカリは「宿を借りる」という名のとおり、ヤドカリは身を守るための貝殻を定期的に交換するのが面白い生物で、小さいオカヤドカリは特にその行動を観察し易いです。
短期間で脱皮するために宿を変える作業の観察チャンスが多いわけですね。

20150730084226d53.jpg

体をぐいぐい入れて、中の形を確認し、気に入ったら素早く入れ替わります。

20150730090739f8d.jpg

数分後、無事引越し作業が終わった様なのです。
ちなみにこの子はナキオカヤドカリのナッキー。
ムラサキオカヤドカリのムッキーはナッキーが脱ぎ捨てたヤドをそのまま流用したみたいで、二匹とも住まいを更新できて何よりです。

テーマ : アクアリウム - ジャンル : ペット

09:11  |  おかやどかり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.30 (Thu)

メメコの近況

メメコは元気なのですよ!

…それしか言えん。

20150730100141a98.jpg

メコンフグを飼ってる人って少ないじゃないですか。
だからね、私も、いや、だからこそメコンフグに誰よりも詳しくなろうとは思ってるんですけど、ほんと変わりないです。

あ、ただアベニーパファーなどに比べて断食に強いですね。
一か月近く餌をまともにやらなかった時があったんですが、それでも…あ、いや、結構ガリガリだとたかな?
ちらラムズホーンはやっていたからってのもあるかと思いますけどねー。
中型フグともなると餌が少なくても大丈夫なのかも?とちょいとした発見です。

20150730100300dfe.jpg

セパレーター越しにバンカスネークヘッドを睨むメメコ。
お腹が空いてるがゆえに食べようとしたのか、それとも白コリを狙っていたのか。
二匹とも若干カメラ目線です。

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

10:11  |  めこんふぐ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.30 (Thu)

あれからのアラタ

前回の袋が若干仕上がりました。
↓こんな感じです。
20150730101305998.jpg

口周りのエリが外側に巻き込まれているのが分かるかと。
口が開いてからもツボは膨らみ続けるので、さらに少し膨らむのではないかな。

201507281019194ce.jpg
↑上の写真が最初の写真から三日後くらいのもの。

ちなみに開いてすぐに養分、もとい熱帯魚の餌なんかを投入するとこれ以降のツボの成長が促進されて、より大きくなる気がしたりなんかして。
比較実験をしたことは無いのだけど。


テーマ : ガーデニング - ジャンル : 趣味・実用

10:18  |  しょくちゅーしょくぶつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.31 (Fri)

成長速度は遅め?

2015073010250420a.jpg
サビトマトガエルは可愛いですよね。
ただ、我が家の環境だとちょいと大きくなりにくい様で。
それともこんなもんだろうか。
去年の夏の終わり頃からオタマジャクシを購入、上陸した我が家のサビトマトガエルは未だに500円玉くらいの大きさです。じわじわ成長はしてくれてるみたいなんですけどね。
冬場は保温は餌をやり糞をするまで。しばらく保温も餌やりもやらずにという管理のせいもあるかと思いますが、思ってるより大きくならないのですよ。

ちなみに人工飼料に餌付けてあるので、飼育自体は非常に楽です。
というか、人工飼料に餌付けたかったからオタマジャクシから買ったんですから!
おなじみカメプロスだったりカーニバルだったり、パックマンフードだったりにネオプロスなんかを付け足した物を与えてます。

テーマ : 両生類 - ジャンル : ペット

00:21  |  さびとまとがえる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.07.31 (Fri)

脱皮の前兆

20150731131243684.jpg

ミドリガメのにとりが死んでしまった結果、我が家唯一の爬虫類、レオパの月夜。
ふと写真を撮ろうとして飼育ケースを開くとうっすら白んでいました。

201507311313070c6.jpg

脱皮の前兆である。

とりあえず霧吹きをして、閉めました。
餌は一週間に1、2回くらいの頻度なので割と珍しい姿だったりします。
特に病気もなく、脱皮不全を起こすこともなく。
飼育が非常に楽なトカゲです。

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

13:21  |  ひょうもんとかげもどき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。