尾鱗色 レッドファイアーシュリンプ
FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

おとく、かも知れない、こうこくなんだよ!

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.09 (Fri)

レッドファイアーシュリンプ

おそらくは大体のアクアリスト達が一度は飼育するであろうエビ。
しかし、エビは割と上級者向けであり、気づいたら居なくなる、他の魚は元気なのに突然死ぬなどワケが分からないタイミングで死にます。
これらは水合わせを適当にやったダメージが時間差できたり、他の生物ならなんら問題のない濃度の硝酸塩でやられてしまうとか、底砂をかき回したら死ぬとか魚に比べて遥かにデリケートです。

また、夏場は酸欠と高温にも注意が必要だったり、とにかく死にやすいエビ。
かつ、綺麗なスラウェシ産のエビは弱アルカリが適してるとか、ビーシュリンプなども割と神経質。

ヤマトやミナミヌマエビではない、綺麗なエビが欲しい。飼いたい。
そういう方はきっといるはず。

そんなあなたにはこの品種がオススメ!
201405090055316a2.jpg
2014050900552920c.jpg

紅い!
赤いこのエビの名はレッドファイアーシュリンプ。ないしはレッドファイアーチェリーシュリンプ。
数年前から見かけるようになったチェリーシュリンプの改良品種で、なにが良いって、ミナミヌマエビと近縁種であるというのがいいのです!

ミナミヌマエビと交配ができるほどに近しく、すなわちミナミヌマエビ並みの頑強さとビーシュリンプ並みの美しさを兼ね備えたハイブリッドなのですよ!!
しかもこの真っ赤具合で3匹千円を割るという安価具合。

綺麗なエビ飼育を諦めていた方はこれを機会に再チャレンジしてみてはいかがでしょう?

飼育ポイント

☆硝酸塩の蓄積に注意
☆温度と水あわせは丁寧に
☆高温と酸欠に注意
☆高温でもエアーをしっかりやることで死なない傾向に(私の経験では31℃でも落ちませんでした)
高温になると水に溶けにくい酸素はより溶けにくくなり、それによって酸欠になり死亡するという話がネット上で多々見受けられる。高温自体はあまり問題にならないらしい。

スポンサーサイト


テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

01:18  |  ざりがに や えび  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mitaao.blog108.fc2.com/tb.php/472-ff8f66ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。